TOEICパート別対策:独学で目標スコアを取る勉強法

TOEICパート別対策
この記事を書いた人
加藤 じゅんこ

次女出産後に死を意識したことがきっかけで、独学で英語をやり直す。TOEIC960点・英検1級を取得して独立。英語講師と海外企業の日本窓口に。【NHK基礎英語2】にインタビュー記事掲載される。信念は「英語で働き方は変わる!」
詳しいプロフィールはこちらをクリック

Twitterつぶやき中。フォローよろしくお願いします^^

TOEICの各パートにはそれぞれ特徴があります。

ルール性の高いTOEICテストにおいては、各パートの特徴をつかみ、これに沿った勉強を行うことが目標スコアへの最短距離といえます。

ここではパートごとの特徴と対策を8個の記事と6個の動画で解説しています。

特にリスニングパートは文字情報だけでは伝えられる内容に限りがあるので、記事と動画、ぜひ併せて見てくださいね。

傾向と対策をしっかり理解して、忙しい中でも、要領よくスコアを上げていきましょう!

TOEICパート1:写真描画問題対策

TOEICパート1は、1枚の写真について4つの短い説明文が1度だけ放送され、その中から写真を最も適切に描写しているものを選ぶ問題です。

「短文リスニング」問題であり、時々難解なものが含まれるものの、全般的に難易度は低めです。

パート1の問題にはパターンがあり、これを理解すると「どんな文が流れてきそうか」といった予測もたてられるようになります。

記事と動画を参考にパターンを理解して、点数を取りやすい部分でしっかり点を取っていきましょう!

TOEICパート1写真描写問題の鉄板対策:時制と単語とマインド
パート1攻略のポイントは「時制」「単語」そして「マインド」の3点です。今回は、まずTOEICパート1の4つの写真パターンから「どういった説明文がでてきそうか」を見ていき、その後にパート1全体に共通する攻略ポイントを解説していきます。
TOEICパート1のパターン攻略【大人の独学英語塾】

TOEICパート2:応答問題対策

TOEICパート2は、会話の中から抜き出てきた一文が音声で流れてきて、それに対する「自然な」返答を選ぶという問題です。

この問題も短文リスニングなので難易度は高くはないものの、答えるのにコツが必要な「変化球問題」が存在するため、一筋縄ではいきません。

実は私自身も以前、変化球問題に悩んだことがあり、思い入れのあるパートでもあります。

記事と動画で変化球の出方をじっくり解説しているので、パート2が苦手な人はぜひ参考にしてくださいね。

コツがつかめれば一気に得点アップにもつながりますよ!

TOEICパート2の鉄板攻略法:変化球問題の解き方のコツを知ろう
TOEIC パート2は素直に回答すれば正解になる「直球問題」とクセがある「変化球問題」があります。今回は直球問題・変化球問題のよくあるパターンを見ていき、解き方を解説していきますね。パート2はコツが分かれば一番点数を取りやすいパートです。
TOEICパート2変化球問題を解くコツ【大人の独学英語塾】

TOEICパート3:会話問題対策

TOEICパート3は、男女2人または3人の会話が流れてきて、この会話に基づき3つの設問が出題されるという問題です。

パート3からは「長文リスニング」になるので難易度が上がります!

パート3とこれに続くパート4の点数を上げるコツは、先に設問文を読む「先読み」を使うことです。

ただこの「先読み」、上手に使えないと点数を下げる結果にも・・・。

記事では問題のパターンと先読みの方法、そして通常の先読みはむずかしい場合に行う初心者向けの先読み法を解説しています。

動画では実際に先読みを行っているので、「文字だけではどうやるのかよく分からない」と感じたら、ぜひ記事を読んだ後に動画もチェックしてくださいね。

TOEIC Part3攻略法:点数が上がる正しい先読みの方法
パート3からは事前に設問を読む「先読み」攻略法が有効ですが、先読みは難易度が高く、諸刃の剣となって点数を下げることにもなりかねません。今回は「正しい先読み法」と共に、「普通の先読みはむずかしい!」という人向けの方法を紹介しますね。
TOEICパート3先読みのコツ徹底解説【大人の独学英語塾】

TOEICパート4:説明文問題対策

TOEICパート4は、一人の話し手による音声が流れてきた後、この話に基づき3つの設問が出題されるという問題です。

リスニングパートの中で最も難易度が高く、苦手としている人も多い難所でもあります。

ただ、一人の話し手が長々話す状況はかなり限定されてくるため、パターン性が強いパートだといえます。

こういったパートは一度行った模試や問題集を何度も復習し、聴きこむとスコアアップにつなげられます。

記事では問題のパターンと解き方、そしてリスニングの勉強法を解説しています。

リスニングの方法は文字だけでは分かりにくいので、動画でも解説しています。ぜひ記事と併せて参考にしてくださいね。

TOEICパート4勉強法:繰り返し聞くことで得点がアップする!
TOEICパート4は苦手と感じる人も多いのですが、「一人の人が長く話す場面」というのはわりと限定されてくるため、実は対策がしやすいパートです今回は王道の「先読み」を使った攻略法と共に、パート4の得点アップにガッチリつながる勉強法を解説していきますね。
英語リスニング力を伸ばす勉強法【大人の独学英語塾】

TOEICパート5:短文穴埋め問題対策

TOEICパート5は、一文の中で一か所が空欄になっており、その場所を埋めるのに最も適した単語を4つの選択肢の中から選ぶという問題形式です。

問題には文法的な知識を問うものと、英単語の知識を問うものの2種類があります。

文法的な知識を問うものは意味をしっかり理解せずに解けるものが多いのですが、高得点を狙う場合には、こういった問題を見抜き、速く解けるようになることが大事です。

スコアアップに直結するだけでなく、その後のパートのためにより多くの時間を残せるからです。

記事では解きやすい文法問題の見抜き方と解き方を解説しています。

動画では、その中でも最も解きやすく、出題頻度も高い「品詞問題の解き方」にしぼって、じっくり紹介しています。

TOEICパート5文法問題対策:時間をかけずに正確に解く方法
TOEICテストパート5はしっかり時間配分をしておかないと、最大の難関ともいえるパート7のために十分な時間を残しておけません。今回はパート5のための時間配分と速く解くためのコツ、そして勉強方法まで解説していきますね。
品詞問題を速く解く!TOEICパート5のコツ

TOEICパート6:長文穴埋め問題対策

TOEICパート6は、長文の中に空欄があり、その場所を埋めるのに最も適した単語を4つの選択肢の中から選ぶという問題形式です。

位置的にパート5とパート7の中間にある問題ですが、内容的にも両者を組み合わせたような感じです。

良く出る問題のパターンと解き方のコツを記事にまとめています。

TOEICパート6対策:出題傾向と時間内に解くための戦略
TOEICパート6はパート7ほど英文を読む量は多くはないものの、パート5のようにシンプルな文法問題ではありません。パート6を解く速度が遅いと、全体の点数を下げることにもなりかねません。今回はパート6の解き方とスコア別戦略を解説していきますね。

TOEICパート7:読解問題対策

TOEICパート7は長文読解問題から成りますが、TOEICテストのラスボスともいえるほど難易度の高いパートです。

TOEICを受け慣れていない場合には、あまりの問題量の多さと難易度の高さに、圧倒されてしまうことも・・・。

ここを簡単に攻略できるような抜け道はありません。

ただ、ある程度の高得点を狙うのでなければ、パート7を全て解き終える必要はありません。

目標スコアに応じて、戦略を練っていきましょう。

この難関パートについては2つの記事に分けて解説しています。

問題のパターンと、目標スコアごとの戦略についてはこちらの記事を読んでください。

TOEICパート7対策:時間が足りない!解き終わらない時の戦略
TOEICパート7は解き終えるだけでも大変と感じる人も多くいるパートです。ですが目標スコアによっては全て解く必要はありません。今回はパート7の問題を分析した後に、解き終わらない時にどうしたら良いのか、上手な逃げ方を紹介していきますね。

長文を速く解くための解き方と、長文読解力を上げる日々の勉強法はこちらです。

TOEICパート7対策:英語の長文問題を速く正確に解くコツ
長文問題で高得点を取るためには「速く読んで」「速く解く」必要があります。今回はすぐに実践できるものも含め、具体的な方法を紹介していきます。ですが、ただ速く解くだけでは不十分ですよね。記事後半では読解力を着実に上げる勉強方法をお伝えします。

動画では長文を速く読むコツを解説しています。

悩みや用途に合わせて、記事と動画を使い分けてくださいね。

英語長文問題が速く読めるコツはひとつだけ【大人の独学英語塾】

コメント