BIZMATES効果:講師のレベルに感動して401回の受講した成果

英語を話す・聞く

オンライン英会話には良いサービスが色々とあります。

ただビジネスに特化して英会話力を上げたいなら、BIZMATES(ビズメイツ)が一押し。

こんな方には、ぜひこの先を読んでもらいたい。

  • 仕事での英会話力を磨きたい
  • レベルが高いほうがはり切れる
  • 海外とのやり取りが上手に進められず困っている
  • 日常会話メインの英会話レッスンでは物足りない
  • 英語だけでなく交渉などのスキルも磨きたい

私はビジネスで必要な英会話力が足りないと感じ入会しましたが、その高い品質にすっかり魅了されて401回レッスンを受講しました。

レッスンの効果、そして超ハイスペックな講師陣についてお伝えしますね。

スポンサーリンク

Bizmates レッスンの特徴

ビズメイツの特徴は何といっても、「ビジネス専門」と言い切っているところ

レッスンにはオリジナルテキストを使用するメインコースに加え、プレゼンや面接対策といったコースがあります。

ここでは私が受講したメインコースの具体的な内容を紹介しますね。

レベル構成

ビズメイツのコースは5個のレベルに分かれています。

各レベルはさらに5個のランクに分かれていますが、どこからスタートするかは最初のレベルチェックテストで決まります。

各ランクには20個のトピックが用意されており、このトピックに即してレッスンが進みます。

レッスントピック

レッスンのトピックには次のようなものがあります。

【レッスントピック例】

*レベル1が最も易しいレベル

  • レベル1 Talking about your country (あなたの国について話す)
  • レベル2 Setting up an appointment (アポを取る)
  • レベル3 Understanding decision making (意思決定を理解する)
  • レベル4 Cultural Stereotyping (文化的なステレオタイプについて)
  • レベル5 No Patents, No Money (特許を取らないとお金にならない)

どのトピックもビジネスに関連した奥深いものになっています。

レッスンの流れ

レッスンはPDFのテキストを使って行います。

テキストは本当は予習しておいたほうが良いのですが、私はそこまで手が回らず^^;

毎回ぶっつけ本番でレッスンを受けていました。

レッスンでは最初にPDFを読んで内容を把握し、その後に内容に関する質問タイムへ。

時間があれば、ディスカッションに突入します。

レッスンで聞かれること

どんなことを聞かれるか、実際のレッスンでの質問を紹介しますね。

たとえば “Cultural Stereotyping (文化的なステレオタイプについて) ” というトピックであれば、こんな質問をされました。

【レッスンでの質問例】

  • ステレオタイプって、どうして出来たの?
  • どうやったら人種的なステレオタイプが減らせるか考えてみて。
  • あなたはどんなステレオタイプを他の国に対してもっている?

ステレオタイプというのは、いってみれば偏見。

アメリカ人は騒がしいとか、中国人は強気とか。

 ↑↑

(私が個人的に抱いているステレオタイプ)

ハッキリ言ってこれ、日本語で聞かれても返答に困るほどのレベルが高い質問。

じゅんこ
じゅんこ

ステレオタイプについて考えることなんてないし。

ですがレッスンを通じて、こういった質問に答えられるぐらい異文化コミュニケーションへの理解が深まっていきます。

ちなみに、答えに窮しても責められたりせず先生が優しく誘導してくれるので大丈夫^^

またレッスンによっては交渉や説得の仕方など、よりビジネスに直結したスキルを学べます。

Bizmatesが誇る講師陣

このような高度な内容を伝えるには、ただ英語を教えられるだけの人では無理でしょう。

ビズメイツの先生は英語力に加えてビジネス経験が高い人に限られています。

私は他のオンライン英会話も使ったことがありますが、ビズメイツの先生のレベルの高さは正直、段違いでした!

すごい先生ランキング

具体的にどんな先生がいたのか。

私が「すごいっ!」と感じた先生ベスト3を経歴と共に紹介しますね。

No.3 IT企業のトップセールス

第3位は、某IT企業の元凄腕営業マン。

やわらかい雰囲気で、説明が分かりやすく機知に富む男性でした。

たまたま授業の内容にも絡んでいたため、「物を上手に売るコツって何でしょう?」と質問してみたところ彼の答えは次のとおり。

「売ろうとしないことだね。」

「まず相手が何がほしいか、何に悩んでいるか、とことん理解するんだよ。」

まさに営業の極意!

No.2 起業家(ランジェリーショップ経営)

すごい先生第2位はランジェリーショップを作ったばかりの女性起業家

年齢は聞けませんでしたが、若くキレイな先生でした。

「ランジェリーショップが売れる!」と踏んでビジネスを始めたようですが、英語を教えているところをみると、まだ軌道には乗っていなかったのかもしれません^^;

暑苦しくないバイタリティに溢れていて、話していると元気になる先生でした。

No.1 元経営者

第1位は元イギリスで会社を経営していた、50代ぐらいに見える品の良い男性講師。

レッスントピックで人間関係を扱った時に授業を受けましたが、人間をよく理解している彼の奥深い発言に感銘を受けました。

英語のレッスンというより、頼りになる上司からアドバイスをしてもらっているような授業でした。

じゅんこ
じゅんこ

レッスンが楽しみでした。

先生は職歴から選べる

やっぱり相性が合う先生に出会えることは、レッスンを続ける上で大事ですよね。

私は良い先生に遭遇することが多かったですが、それはおそらくフィルタ機能を使って先生を選んでいたためだと思います。

ビズメイツでは専門分野によるフィルタで絞り込んで先生を選択できます。

私は販売系と心理学系の先生をよく選んでいました。

知的な雰囲気の先生が多かったですね。

Bizmates受講スケジュール

なおレッスンの時間は自分で選べますが、やはり基本は毎日受けたほうが良い気がします。

私は次のような時間帯で受けていましたが、続けやすいスケジュールだったので載せておきますね。

【平日】

朝6時~6時半Main Lesson受講
6時半~レッスン内容を復習

【土日】

午前中Other Lesson受講

Main Lessonは先ほど書いた内容ですが、その他に出張英語や電話英語、プレゼン英語など場面に応じたOther Lessonも用意されています。

こちらはレベルに関係なく好きな時に受講可能。

週末はこちらを受けていましたが、良い気分転換になりました。

Bizmatesで学んだ効果

かれこれ401回ビズメイツのレッスンを受講しましたが、学んだ内容は仕事で役立ったと感じます。

では実際ビズメイツで学んだ結果、どんな効果が仕事で得られたのか。

毎日続けているので英会話スキルは良くなったかと思います。

ただ英会話力だけであれば、他のオンラインスクールでも似たり寄ったりの効果が得られたでしょう。

ビズメイツならでは感じられるのは、やはりビジネスで必要なコミュニケーションスキルが伸びたという点。

この点を説明するために、私がビズメイツを始める前の状況からお伝えしますね。

ビズメイツを始める前の私の状況

私は日本の会社で10年以上働いてきて、海外でのビジネスのやり方が良く分かっていませんでした。

それが海外の会社と直接仕事をするようになり、日本との違いに面食らいました。

一番困ったのはミーティング

日本の会議では意見を聞かれるまでは黙っていてもOKでしたが、外国人と話す際には積極的な姿勢が求められます。

だまっていると「賛成」とか「意見がない」と思われてしまい、業務に差しさわりがでることも。

じゅんこ
じゅんこ

「こういえばよかった。」

 

 

じゅんこ
じゅんこ

「こんなはずじゃなかった」

 

 

ミーティング後、しょっちゅうこんなふうに後悔をしていました。

とはいっても、とっさに英語でどう切り返すか分からない…。

英語力と文化の壁に直面した私は悩みました。

Bizmatesで学んだ成果

そこで調べた結果、ビズメイツに入会したのです。

401回のレッスンを通じて、外国人に言いたいことを伝えるコツを学びました。

一番役だったのは相手を説得する方法。

次の順序を使うだけで、言葉に説得力が出るんです。

  1. まず結論を明確に伝えきる
  2. 次にその理由・根拠を伝える

たとえば、こんな風に伝えると、ちょっと弱いですよね。

「この展示会は出展したほうが良いかと思います。」

同じことを言うにしても、先に結論を明確に伝え、その後に理由を付けるだけで説得力が増します。

「この展示会は出展すべきだと思います。なぜならA社とB社という競合が出展していて、メインターゲットとなる企業が参加予定だからです。」

とはいえ理論が分かっても、すぐには実行できません。

日々レッスンで練習を重ね、少しずつ実践の場で使えるようになっていきました。

 

じゅんこ
じゅんこ

おかげで楽しく仕事ができるようになりました。

どんなことをしていたかはプロフィールを見てみてください。

 

Bizmatesのデメリット

ほめちぎりましたが、ビズメイツのデメリットもお伝えしておきますね。

デメリットというより、向かない人といったほうが良いかもしれません。

まずビジネスではなく日常英会話をメインにしたい人は向きません。

なかなか高度な内容なので、のんびり英会話を楽しみたい場合にはキツイと思います。

他には特にデメリットは浮かびませんが、毎回レッスンが順調だったわけではありません。

嫌だなと思う先生は、やっぱり2人ほどいました。

これはもう相性もあるかと思うので仕方ないですね。

またスカイプの通信不具合は何度かありましたね。

通信のせいでレッスン時間が大幅に減った時は事務局に伝えて、レッスンを振り替えてもらいました。

Bizmates料金

最後に料金についてお伝えしますね。

比較のために他のビジネス英会話スクールも載せておきます。

スクール名価格(税別)備考
ビズメイツ11,000円
ライザップ
2ヵ月16回コース
328,000円5万円の入会金別途必要
プログリット
2ヵ月コース
328,000円5万円の入会金別途必要
レアジョブ英会話9,800円ビジネスコース

有名なビジネス専門英会話と比べると、破格に安いことがわかります。

毎日受講したとして、1回の授業料は400円ほど。

オンライン英会話だからこそ、実現可能な価格です。

また現在は、感染予防対策から通常の英会話スクールもオンラインレッスンに切り替えていたりします。

結局オンライン受講するなら、オンライン専門のところのほうがオトクといえるでしょう。

日本に教室を置かないことで固定費をおさえ、その分受講料を安くできます。

レアジョブのビジネスコースも安めながら、やはりビズメイツほどの濃さはありません。

もし気なったら、両方とも無料レッスンがあるので試してみてくださいね。



まとめ

ビジネス専門のオンライン英会話スクール ビズメイツの特徴は次のとおり。

英語以外に実践ビジネスで役立つスキルが身につく

講師もビジネススキルが高く授業がハイレベル

日常英会話を求める人には不向き

ビジネス上では「なんとか英語が話せる」だけでは不十分。

本気で外国人とビジネスを行うには、異文化コミュニケーション力が不可欠です。

ビズメイツなら英語力と共にビジネススキルも上がり、あなたの今後のキャリアが変わります。

英語を仕事に使っていくなら、ぜひ候補に入れてみてくださいね。

コメント