TOEICスコア別勉強法:700点は苦手パートの克服が点数に直結

TOEIC目標スコア別勉強法
この記事を書いた人
加藤 じゅんこ

次女出産後に死を意識したことがきっかけで、独学で英語をやり直す。TOEIC960点・英検1級を取得して独立。英語講師と海外企業の日本窓口に。【NHK基礎英語2】にインタビュー記事掲載される。信念は「英語で働き方は変わる!」
詳しいプロフィールはこちらをクリック

Twitterつぶやき中。フォローよろしくお願いします^^
くまた
くまた

TOEIC700点を取るには何が大事なの?

じゅんこ
じゅんこ

苦手なパートの対策をすること!

まずはどのパートが苦手か知るところから始めると良いわね。

今回は転職や再就職でも使えるTOEICスコア、700点を取る勉強法を紹介します。

700点はTOEIC高得点と言われるゾーンの入り口といえます。

効率よく目標スコアを取るコツは、足を引っ張る苦手パートを克服することです。

独学で出来る苦手パート克服方法を教えますね。

TOEIC700点の英語レベル

まずはTOEIC700点のレベルから見ていきます。

履歴書に書けるのはTOEIC600点からですが、新卒ではなく転職活動でTOEICスコアを使うなら、700点以上欲しいところです。

理由は再就職の戦略を紹介した記事で解説しているので、気になったら読んでみてくださいね。

再就職の戦略は、もちろん転職活動でも使えます^^

主婦が英語力を武器に再就職:狙い目の職種とTOEICスコア目安
強い実務経験がなく、再就職・転職活動で英語力をアピールしたい場合には、TOEIC高得点という資格が役立ちます。ただブランクのある主婦の再就職や中高年の転職は条件的に不利です。TOEICだけでなく次の3つのポイントを押さえて就職活動を成功させましょう。

ではこの700点というスコアでは、一体どんなことができるのかチェックしてみましょう。

TOEICテスト運営団体のページを参考にすると、次の行為が英語で可能なレベルとされています。

  • 空港で、発着時刻や搭乗ゲート等の変更アナウンスが聞き取れる。
  • 商談相手の言う商品の値段を理解することができる。
  • 自分の仕事に関連した日常業務のやりかたについての説明を理解できる。
  • 面談相手が商談を始める前に話す一般的な話題(天候、最近の出来事等)について、内容を聞いて理解することができる。
  • 電話がかかってきた際に相手の名前を聞き、担当者に取り次ぐことができる。

参照元:国際ビジネスコミュニケーション協会「TOEIC L&Rスコア別できること一覧

難しい商談は無理だけれども「自分の良く知っていることや簡単なことは、ちゃんとした文章を聞き取れる英語レベル」であると解釈できますよね。

前回記事で紹介したTOEIC600点の「単語単位や短い文なら分かる」英語力から、ぐっとレベルアップした印象です。

直近(2019年7月)のTOEICテスト結果から、受験者全体の中で15パーセントの人が700点レベル、TOEIC695~795のゾーンに入ることが分かります。

ここから先、スコア帯が上がるにつれ、パーセンテージはさらに減っていきます。

※上記グラフは下記資料を基に本サイト運営者が作成

参照元:国際ビジネスコミュニケーション協会:2019年7月実施第242回TOEIC L&Rテスト スコア分布詳細

TOEIC700点を達成するために必要な勉強時間

次にこのスコアを取るための勉強時間をチェックします。

下記はTOEIC講師向け教材も作成しているオックスフォード大学出版局が作成したTOEIC勉強時間の目安表になります。

表の見方は縦軸が現在のTOEICスコア、横軸が目標のTOEICスコアとなりますが、例としてTOEIC650点の人が750点を取るのに必要な時間を見てみると「225」時間と出ています。

引用元:Oxford University Press
“A Teacher’s Guide to TOEIC® Listening and Reading Test Preparing Your Students for Success” p.6

1日2時間勉強したとすると、112日かかります。

土日はもっと勉強時間を増やせると仮定すると3ヵ月程度で達成可能な時間ですね。

但し英語の基礎力がしっかりついていてTOEIC500~600点を取れる力があれば、スコアアップの速度も速いでしょう。

逆に基礎力がない場合には、より多くの時間を要することになるかもしれません。

もし「英語の基本の力が身についていない」「TOEICの基本の勉強法が分からない」という場合には、下記の記事を参考にしてみてくださいね。

TOEICスコア別勉強法:英語初級者レベルから500点を取る方法
英語初級者レベルの人がTOEIC500点を取るための方法を説明します。一番最初のレベルといえど、英語への苦手意識を強く持っているケースもあり、実は最も難しいともいえるゾーンです。正しい勉強法を取り入れて、土台をしっかり作っていきましょう!
TOEICスコア別勉強法:独学で履歴書に書ける600点を取る方法
600点は英語の基礎力がある場合にはリスニング力に注力するとスコアアップにつながります。なぜならTOEIC用のリスニング力はリーディング力と比べて伸ばしやすいからです。どうやって勉強したらよいか、リスニング勉強法に加え、独学で上手にスコアを伸ばせる方法を解説していきます。

独学でTOEIC700点を取る対策

それでは次に、TOEIC700点を超えるための勉強法を説明していきます。

現状のスコアレベル目安と注力ポイントは、次のとおりです。

現状のTOEICスコア目安TOEIC500~600点

TOEICを受けたり模試を家で解いてみたことがあり、TOEICテストに関する基礎知識があるレベル

勉強で注力したい点苦手パートの克服

無駄なくスムーズにスコアを上げるために力をいれてもらいたいのが、苦手パートの克服です。

この部分を中心に、700点を取れる勉強法を解説していきます。

苦手パートを克服する方法

TOEICテストは7つのパートからなる試験ですが、各パートにはそれぞれ特徴があり、中には相性が悪いパートというのも出てきます。

ただ「好きになれないパート」は英語力以前に、解き方を正しく理解していないだけだったりもします。

実は私自身もTOEICパート2の問題が大キライでした。

文脈もなくどんどん短文が流れてくるところに、軽いイラ立ちすら覚えていました^^;

そこで重点的に対策を行ったところ、ある時点で解き方のコツが分かり、点数を一気に伸ばすことができたのです。

苦手なパートには伸びしろが大きく、分からない部分さえ解決すれば一気に点数を伸ばせる可能性があるということですね。

ぜひ上手にスコアアップにつなげていきましょう。

それでは苦手パート克服法、3ステップで解説します。

苦手パート対策1: 実力を数値化する

まずは家で模試を解いてみて、今の実力を数値化しましょう。

使用する模試の本は、最初の一冊は公式模試本が鉄板です。

二冊目の模試本としては、ヒロ前田先生の至高の模試がオススメです。

ヒロ前田先生の本は解説が丁寧なので、模試を行った後、自分で答え合わせをする際に重宝します。

公式模試本と同サイズでわりと大き目なので、目にも優しいですよ。

模試を実施した後は必ず採点をして、各パートの正解率を確認していきましょう。

もし他のパートと比べて毎回著しく正解率が悪いパートがあれば、そこが苦手パートです

なおTOEIC模試のやり方については、基本英文法の重要性を解説した記事に書いているので併せて読んでみてくださいね。

久しぶりの英語で初めてTOEICを受けるなら攻略より基本英文法
久しぶりに英語の勉強をする人や、学生時代に英語が苦手だった人の場合には、TOEICの点数をあげるコツを解説した攻略本をいきなり買うのではなく、まずは中学校の英文法からやりなおすのがおすすめです。

苦手パート対策2: 優先順位をつける

苦手パートが明らかになったら早速対策を行っていきたいところですが、ただひとつ注意点があります。

パートによってスコアの上げやすさにかなりの差があるので、複数の苦手パートがある場合は、まずは改善しやすいパートから取り組むようにしましょう。

こうすると短期間でスコアアップにつなげられます。

具体的には、パート2、パート5のスコアが上げやすく、逆にパート3、パート4、パート7はコツを知ってすぐどうこうできる部分は少な目です。

何故なら、パート3、4、7はより根本的に英語力を伸ばしていく必要があるので、時間がかかるのです。

苦手パート対策3: パートごとに対策を行う

では次に、具体的な対策を紹介します。

各パートの勉強法はパートごとの攻略法記事で説明しているので省略しますが、本記事の対策と併せて参考にしてみてください。

TOEICパート別対策:独学で目標スコアを取る勉強法
ルール性の高いTOEICテストにおいては、各パートの特徴をつかみ、これに沿った勉強を行うことが目標スコアへの最短距離といえます。ここではパートごとの特徴と対策を8個の記事と6個の動画で解説しています。傾向と対策をしっかり理解すれば、忙しい中でも、要領よくスコアを上げていくことができます!

ここでは、「苦手な場合に重点的に行うべきこと」にしぼって対策を教えます。

パート1苦手対策

パート1は文章も短く聞き取りは簡単ながら、馴染みのない英単語が使われるのが難です。

回転ドア(revolving door)や一輪車(wheelbarrow)など、他のパートではお目にかからない単語が出てきます。

パート1が苦手な場合には、この特殊な英単語を知らないことに問題があると考えらえます。

思い当たる場合には、パート1に特化した英単語を重点的に覚えるようにしていきましょう。

こちらはTOEIC用の英単語の本「金フレ」内のパート1コーナーですが、本番でも使われそうな例文と一緒に英単語が掲載されており、オススメですよ。

【金フレ内のパート1英単語コーナー】

パート2・パート5苦手対策

パート2とパート5に関して言えば、とにかく良質の問題をたくさん解くことが大事です。

パート2は、現在市販されているものではこの問題集が一押しです。

パート5が苦手な場合は、こちらの「でる1000問」が必需品です。著者は金フレの著者、TEX加藤先生です。

どちらもアスク出版さんから出版されている超人気の問題集です。

解いていくと問題のパターンや解き方のルールが理解できるようになっていくのが感じられるでしょう。

なお大量の問題数があるので一度解き終えるのも大変ではあるのですが、間違えてしまった問題だけでも再度解くようにすると効果倍増です。

苦手パートに集中攻撃をしかけて、得意パートに変えてしまいましょう!

パート6苦手対策

パート6は残念ながら、あまり重点的な対策法がありません。

パート5の文法問題とパート7の長文読解問題、この2つが組み合わさったようなパートなので、両者の点数が伸びていくと、自然にパート6のスキルもあがってくることが多いです。

問題数も少ないので、がんばって力を入れなくても良いパートともいえるでしょう。

もし重点的にパート6を解きたい場合には、こちらの問題集が一押しです。

パート6だけに特化した問題集が他になかったりもするのですが、この存在感の小さいパートの特徴をしっかり解説してくれている良本です。

パート3・パート4・パート7苦手対策

パート3、パート4、パート7には特別な苦手対策法はありません。

日々リスニング力とリーディング力を鍛えていくことがスコアアップのための王道になります。

日々の勉強法は何をしたら良いのかは、次の項目でお伝えしますね。

なお「パート7だけが低い」という場合は、あまり心配する必要はありません。

というのも、パート7は英単語力・英文法力・読解力、といった総合スキルを要する最も難易度の高いパートであり、スコアアップには時間がかかるからです。

逆にパート3やパート4といったリスニングパートがパート7よりもスコアが悪い、という場合は問題です!

リスニングパートの文章を文字で読んで理解できる英単語力や英文法力があるなら単に聞きとりの練習が足りないだけという可能性が高く、非常にもったいない状態だからです。

ぜひ日々のリスニングトレーニングを増やしてみてくださいね。

くま美
くま美

苦手パート対策、分かってきたわ。

パートによって違うのね。

じゅんこ
じゅんこ

そうね。

ただ難しいパートは結局、日々の勉強が大事ね。

ここから、700点を取るための日々の勉強法を紹介するわね。

くまた
くまた

ひょっとして、また模試じゃない?

じゅんこ
じゅんこ

正解!くまたくん、すごい!

なんで分かったの?

くまた
くまた

だってしょっちゅう、模試が出てくるもん。

くま美
くま美

模試の実施って、大事なのね。

じゅんこ
じゅんこ

模試はTOEICにおける最強の教材でもあるの。

これを使ってリスニング力とリーディング力を着実に伸ばせるのよ!

TOEIC700点を取る日々の勉強法

最後に苦手パートとは別に日々の勉強法を紹介します。

それは模試を使って、リスニング力・リーディング力を鍛えていくことです。

TOEICの模試は今の実力を測ったりできるだけでなく、TOEIC L&R テストにおける最強の教材でもあります。

というのもTOEICはパターン性の強いテストであり、本番と同じような問題を解いておくことが点数アップに直結しやすいのです。

700点以上のスコアを狙うのであれば、ある程度定期的に模試を解いていきましょう。

子育てや仕事で忙しい場合には時間が取れる曜日に模試を行い、他の日はこの模試を教材にしてリスニング・リーディングの勉強をしていくというスケジュールが効果的です。

ただ週に1度模試を解くのは結構ハードなので、長期戦で行く場合には、2週間に1度でもOKです。

模試を行う頻度が少ない場合は英文を読むスキルを伸ばしにくいので、パート7専用の問題集を取り入れていくと良いですね。

普段英語を読む機会がない場合にはぜひ、1日30分程度でも英語を読むクセをつけていってください。

リスニング対策については、移動中や家事の合間などのスキマ時間を利用して、一度解いた模試を何度も聴くことが効果的です。

着実に英語力を伸ばしていくために、リスニングとリーディングの勉強を日々の暮らしの中に上手に取り入れていくようにしましょう。

リーディング、リスニング対策はこちらの記事でも詳しく解説しています。

勉強方法や読む速度の遅さや、聞き取りに悩んだら、目を通してみてください。

TOEICリスニングは間違った勉強法だと伸び悩む!原因別解決法
TOEICのリスニング力は正しい勉強法を続ければどんどん上達します。ですが自分に合わない方法を続けても効果はなく、伸び悩んでしまいます。私自身リスニングが苦手でしたが、ある方法を取り入れてからTOEIC960点を取るまでになりました。今回は悩み別に正しいリスニング勉強法を紹介しますね。
TOEICパート7対策:英語の長文問題を速く正確に解くコツ
長文問題で高得点を取るためには「速く読んで」「速く解く」必要があります。今回はすぐに実践できるものも含め、具体的な方法を紹介していきます。ですが、ただ速く解くだけでは不十分ですよね。記事後半では読解力を着実に上げる勉強方法をお伝えします。

まとめ

今回はTOEIC700点に到達するまでの勉強法を説明しました。

■TOEIC700点は転職の際にも使えるスコア

TOEIC受験者全体の15%程度に該当する

■苦手の克服に力を入れると効率よくスコアを上げることができる

具体的な勉強法は次のとおり

ー模試を行い苦手パートを見つけ、集中的に対策を行う

ー特にパート2とパート5は点数を伸ばしやすいので優先的に行う

ーパート3・パート4・パート7は日々の勉強で力を伸ばす

ー一度行った模試は教材として使用するとよい

ここでしっかり勉強習慣と英語力が身についていると、800点以上も狙うことができます。

ぜひ「高得点」と言われるスコアを手に入れて、英語力をあなたの強みにしていきましょう!

TOEIC目標スコア別勉強法くまたと学ぶ英語とTOEIC
【プレゼント】英語が速く読める
TOEICを時間内に解きおえて
目標スコアを最短距離で 獲得しましょう!


TOEICで高得点を取れるかは英語を速く読めるかどうか。
読解力を上げるには3つの力が必要です。
この3つの力を解説したレポートと、読解力を上げるフォローアップ動画をプレゼントします。

詳しく見る

【プレゼント】
英語が速く読める

TOEICを時間内に解きおえて
目標スコアを最短距離で 獲得しましょう!


詳しく見る

TOEICで高得点を取れるかは
英語を速く読めるかどうか。
読解力を上げるには3つの力が必要です。
この3つの力を解説したレポートと、読解力を上げるフォローアップ動画を プレゼントします。
\シェアはこちらから♪/

\Twitter発信中。フォローして下さいね♪/

\Twitter発信中。フォローして下さいね♪/

\Line@はじめました♪/
友だち追加
くまた英語~仕事を変える英語力を

コメント