英単語は語源で覚える:もう英単語の丸暗記から解放されませんか?

TOEIC対策
くま美
くま美

英単語の暗記は、やっぱりニガテだわ。

くまた
くまた

何か良い方法ってないの?

じゅんこ
じゅんこ

語源を使えば、単語から意味が推測できたりするわ。

くま美
くま美

えっ!「ゴゲン」ってなに!?

じゅんこ
じゅんこ

漢字の偏みたいなものかも。

私達って、サンズイを見れば水に関係するものかもって分かるじゃない?

英語にも、そういうものがあるってことね。

英単語はいくつかのパーツが成り立って作られています。

語源とは、この元々のパーツの意味。

パーツをある程度知ってしまえば、初めて出会う英単語であっても意味が推測できたりしますし、覚える時にも非常に有利です。

良く使われるパーツを覚えて、英単語の丸暗記から解放されましょう!

スポンサーリンク

英単語の語源とは

まずは改めて語源について説明します。

私たちは「サンズイ」がつく漢字を見たら「水を意味するものかな」と、あたりをつけることができますよね。

実際、次のような漢字はすべて「水」に関係しています。

こんなふうにネイティブの人も英単語のスペルから、単語の意味をイメージできるのです。

たとえば “album” という単語には “alb” という文字が入っていますよね。

“alb” の意味って、ご存知ですか?

【ALBUM】

実はこれ、ラテン語 “albus” から由来して 「白」 を表します。

アルバムって最初真っ白ですよね。

このイメージが、”album” という単語と共に、ネイティブの頭には浮かんでいるのです。

そういえば、あのハリーポッターの校長先生の名前も “Albus Dumbledore“(アルバス・ダンブルドア) と “alb” が入っていますね。

Albus Dumbledore】

画像参照元:looper “Dumbledore’s backstory explained

校長先生は主人公ハリーを支える優しくて頼もしい人物ですが、こういった人柄を「白」という色で表現しているのでしょう。

もうひとつついでに、「アルビオン化粧品」って聞いたことがありますか?

女性の方ならご存知かと思います^^

このALBIONは「White Land(白亜の国、白い国)」を意味しているそうで、かつてイギリスはこう呼ばれていたようです。

【ALBION】

参照元:アルビオン化粧品社サイト

「白は女性の美の原点」というところから、この言葉を社名にしたのですって。

くま美
くま美

まあ、なんだか素敵な社名ね。

くまた
くまた

これからは “alb” を見たら、白がパッと浮かびそうだな。

ゴゲンって、面白い!!

くま美
くま美

ええ!

もっと知って、英単語暗記にも役立ていきたいわ。

じゅんこ
じゅんこ

それじゃ、もうちょっと詳しく説明するわね。

語源の構成要素

英単語の語源は、接頭辞・語根・接尾辞の3つのパーツで構成されています。

3つのパートの役割は、それぞれ次のとおり。

接頭辞位置・時間・強調・否定などの意味を単語に加える
語根単語の中心の意味
接尾語単語の品詞を決める部分

たとえばattractionという単語を見てみましょう。

最初の「at」は「~の方へ」という意味をもつ接頭辞adの変形です。

真ん中の「Tract」は「引く」という意味の語根。

最後の「ION」は「名詞形」であることを示す接尾辞です。

こうして解釈していくと、この単語の意味は「ある方向へ引き付けるもの」であることが感じ取れますよね。

attractionの言葉の意味は、まさにこのイメージどおり「引き付けること、引力」です。

遊園地の乗り物も「アトラクション」といいますが、「アトラクション」=「人を引き付けるもの」と解釈すると理解できますよね。

くまた
くまた

語源って3つのパーツに分かれているんだね。

くま美
くま美

便利そうだけど、でも語源を全部覚えるのって大変なんじゃないかしら・・・

じゅんこ
じゅんこ

安心して。

よく使われるものを覚えるだけでも、十分効果はあるから。

とりあえず代表的な接頭辞だけ、頭にいれておいてね。

最初に暗記したい語源-接頭辞

語源の知識があると英単語の意味を推測できるので非常に便利。

とはいっても全ての語源を覚えておけないですよね。

おすすめとしては、まずは代表的な接頭辞を覚えてしまうこと。

使われる範囲が広いので、これだけでも英単語を覚える際にラクになります。

こちらの表にいくつかピックアップしたので、もし知らないものがあれば、ぜひ覚えていってくださいね^^

【接頭辞】

接頭辞意味
pre前に
prepare 準備する
de離れて、下にdetain 拘留する
inter間にinterested 興味のある
ad~に向かってadmit 認める
re再びrepetition 繰り返し
over超えてoverstate 誇張する
sub下にsubordinate 下の・部下
mis間違ってmisunderstand 誤解する
trans超えてtransportation 交通手段
ex外にexit 出口

じゅんこ
じゅんこ

たとえば “reproduce” という単語を見た時、意味が分からなくても何となく推測できない?

くまた
くまた

reは「再び」って意味があるから、もう一回作るって意味かな。

じゅんこ
じゅんこ

ピンポン!あたり。

再生する、再現するって意味ね。

くまた
くまた

やった。

くま美
くま美

便利ね。

もうちょっと色々、覚えておきたいわ。

じゅんこ
じゅんこ

それじゃ、次に語根にいくわね。

知っておくと便利な語源-語根

余裕があれば、語根も少し頭にいれておきましょう。

知っておくと便利な語根を紹介しますね。

【語根】

語根意味
cept取るconcept 概念
tain持つ・保つsustain 保つ
mit送るtransmit 送信する
sist立つinsist 主張する
graph書くcalligraphy 書道
spect見るsuspect 疑う
tend伸ばすextend 伸ばす
duct導くconduct 行動、行う
scribe書くdescribe 描写する,
述べる

じゅんこ
じゅんこ

ここまでの接頭辞と語根の知識を使って、英単語を覚えてみましょう。

くま美
くま美

ええ!

語源を使って単語を覚えてみる

ここまで紹介した接頭辞と語根を使って、ひとつ単語を暗記してみましょう。

例として “prescribe” という単語を使います。

prescribe

この単語は、語源からふたつのパーツに分けられます。

[pre (前に)] + [scribe (書く)]

前に書く→事前に書く、という意味ですね。

そこから転じて、「処方する・規定する」という意味で使われています。

prescribe = 処方する・規定する

どうでしょう。

単語を分解して語源から考えていくと、英単語の意味がスッと頭に入っていきませんか?

くまた
くまた

うん。

入ってきた。

くま美
くま美

事前に書く→処方するという意味から考えると、なんだか頭にイメージも浮かぶわ。

じゅんこ
じゅんこ

それってすごい大事!

イメージと一緒に覚えると、また記憶に残りやすいの。

接頭辞と語根を使って、上手に頭にイメージを残してね。

くま美
くま美

やってみる!

ところで最後の接尾辞ってあんまり大事じゃないの?

じゅんこ
じゅんこ

そうね。

単語の意味を考える上では大事じゃないけど、でも文法的には役立つわ。

 

品詞が分かるようになる語源-接尾辞

最後に、語源の後ろを形作る接尾辞を紹介します。

接尾辞を見ても、単語の意味は予測できません。

ただ接尾辞によって品詞が分かるようになり、文の構造が理解しやすくなっていきますよ。

TOEICテストなどで「品詞を問う」問題がよく出題されますが、接尾辞を覚えておけば、品詞問題にも役立ちます。

代表的な接尾辞は次のとおり。

【接尾辞】

品詞接尾辞
名詞or, er
ment
tion/sion
ty/ity
ness
cy
ship
mentor 助言者
treatment 治療
transition 変遷
curiosity 好奇心
wellness 健康であること
privacy プライバシー
dictatorship 独裁
形容詞able
ful
ish
less
ed
ous
amicable 友好的な
beautiful 美しい
foolish 愚かな
thoughtless 配慮に欠ける
colored 着色した
outrageous 常軌を逸した、無礼な
動詞ate
en
ize
create 創造する
straighten まっすぐにする
squeeze 搾る
副詞ly
frequently しばしば

ちなみに先ほど例にだした “prescribe” の名詞形は “prescription” です。

“tion” が最後につくので名詞形だと分かりますね。

意味は「処方箋」です。

くま美
くま美

接頭辞・語根・接尾辞、それぞれ便利ね。

くまた
くまた

なんだか大分語源が分かってきた気がする。

もっと知りたいな。

じゅんこ
じゅんこ

それじゃ最後に語源がもっと学べる本を紹介するわね。

語源を学べる本

英語の語源をいくつか紹介してきましたが、もっと詳しく語源が分かる本を紹介しますね。

今なんといっても売れているのは、こちらの「英単語の語源図鑑」です。語源を分かりやすく説明してくれています。

実は語源に関する本は以前から出版されていましたが、この本ほど語源への関心を巻き起こすことはありませんでした。

語源図鑑は2019年7月18日現在、大手本屋さんの店頭にも置いてあるほど。

人気の秘訣は、かわいいイラストを使ってとにかく楽しく分かりやすく語源が学べるように工夫されている点でしょう。

中学生からシニアまで、幅広い読者がいる本です。

なお、英単語の語源図鑑の著者である清水先生による「くらべてわかる英単語」も、英単語を実用的に使う際に役に立ちます。

takeとgetの違いなど、基本的ながら実は分からない部分が分かるようになります。

語源図鑑を読んだ後、英単語そのものの知識を深めたくなった時におすすめの一冊です。

まとめ

今回は語源について紹介しました。

英単語は語源によって成り立っている。

語源は「接頭辞」「語幹」「接尾辞」の3つのパーツから成り立つ。

語源を知ることで英単語の意味を推測できるようになる。

語源を知ることで、英語の文化や考え方も理解できるようになります。

語源の知識を活用して、英単語を毎回丸暗記する作業から解放されましょう!

英単語の暗記はこちらの記事も役立ちます。

無料レポートも役立ててくださいね。

コメント