TOEICスコア別勉強法:独学で履歴書に書ける600点を取る方法

TOEIC目標スコア別勉強法
この記事を書いた人
加藤 じゅんこ

次女出産後に死を意識したことがきっかけで、独学で英語をやり直す。TOEIC960点・英検1級を取得して独立。英語講師と海外企業の日本窓口に。【NHK基礎英語2】にインタビュー記事掲載される。信念は「英語で働き方は変わる!」
詳しいプロフィールはこちらをクリック

Twitterつぶやき中。フォローよろしくお願いします^^
くま美
くま美

TOEIC600点は、履歴書に書けるレベルなのよね。

じゅんこ
じゅんこ

ええ。それだけに最初のスコア目標で600点を掲げる人も多いわ。

くまた
くまた

このスコア用の勉強法のコツなんて、特にないよね。

じゅんこ
じゅんこ

それが、あるの!

独学で効率良くスコアアップを狙える方法が。

くま美
くま美

えっ。知りたいわ!

今回は、履歴書に書けるスコアの入り口、600点を取るための勉強法を紹介します。

このスコアは、英語の基礎力がある場合にはリスニング力を強化すると、効率よく目標を達成できます。

なぜならTOEIC用のリスニング力はリーディング力と比べて伸ばしやすいからです。

上手にスコアを伸ばし、TOEIC600点を取れる勉強法を解説していきますね。

TOEIC600点の英語レベル

まずはTOEIC600点のレベルから見ていきます。

TOEIC600点はその前のスコアと明らかに「格」が違います。

というのも、平均を上回るレベルであり、ここから履歴書に書ける、とされているスコアだからです。

それでは、600点を取ると具体的にどういったことができるのでしょうか。

TOEICテスト運営団体が公開している表によると、前回の記事で紹介したTOEIC500点と同様に、5段階評価のうちの丁度真ん中の「日常生活のニーズを充足し、限定された範囲内では業務上のコミュニケーションができる」レベルに該当します。

参照元:国際ビジネスコミュニケーション協会「TOEICスコアとコミュニケーション能力レベルとの相関表

この表では「470点~730点」と該当する範囲が広すぎるので、他の資料も確認してみましょう。

同じくTOEICテスト運営団体のサイトの別のページを参考にすると、TOEIC600点レベルは次の行為が英語で可能なレベルとされています。

  • 打ち解けた状況で、“How are you?” “Where do you live?” “How do you feel?” といった 簡単な質問を理解できる。
  • ゆっくりと配慮して話してもらえば、目的地までの道順を理解できる。
  • 入国管理官に、滞在場所、期間、旅の目的を英語で聞かれた時、質問が理解できる。

参照元:国際ビジネスコミュニケーション協会「TOEIC L&Rスコア別できること一覧

基本的な英単語や英文法を使った短めの英語であれば理解できる、といった感じですね。

その前のレベルと比べると、聞き取り力がかなりアップしている段階と解釈できます。

なお直近(2019年7月)のTOEICテスト結果から、受験者全体の中で19パーセントの人が600点レベル、TOEIC595~695のゾーンに入ることが分かります。

※上記グラフは下記資料を基に本サイト運営者が作成

参照元:国際ビジネスコミュニケーション協会:2019年7月実施第242回TOEIC L&Rテスト スコア分布詳細

TOEIC600点を達成するために必要な勉強時間

次にこのスコアを取るための勉強時間をチェックします。

下記はTOEICの先生向け教材も作成している会社が作成したTOEIC勉強時間の目安表になりますが、表の見方は縦軸が現在のTOEICスコア、横軸が目標のTOEICスコアとなります。

引用元:Oxford University Press
“A Teacher’s Guide to TOEIC® Listening and Reading Test Preparing Your Students for Success” p.6

例えばTOEIC550点レベルの人が100点アップさせて650点を目指すなら、225時間という勉強時間が必要となります。

1日2時間勉強したとすると、112日です。

土日はもっと勉強時間を増やせると仮定すると、3ヵ月程度で達成可能ですね。

ただもちろん、個人差があります。

はじめてのTOEICテストで600点を目指す場合には、英語の基礎がしっかり身についているかどうかが、スコアアップの速度を左右します

もし「間違えた問題の解説を読んでも理解できない」といった場合には気持ちを切り替え、中学・高校レベルの英文法から復習をしたほうが、上達速度がアップする可能性大です。

英語基礎力アップ法を知りたい場合は前回記事にまとめてあるので、参考にしてみてくださいね。

TOEICスコア別勉強法:英語初級者レベルから500点を取る方法
英語初級者レベルの人がTOEIC500点を取るための方法を説明します。一番最初のレベルといえど、英語への苦手意識を強く持っているケースもあり、実は最も難しいともいえるゾーンです。正しい勉強法を取り入れて、土台をしっかり作っていきましょう!

独学でTOEIC600点を取る対策

それでは次に、TOEIC600点を超えるための勉強法を説明していきます。

現状のスコアレベル目安と注力ポイントは、次のとおりです。

現状のTOEICスコア目安TOEIC300~500点

基本英文法・英単語はOK。TOEICの勉強を本格化させていくレベル。

勉強で注力したい点リスニング

基本の英文法・英単語は押さえているレベルなので、いよいよTOEICのための勉強法を本格的にスタートさせていきたいところです。

ここで注力したい部分はリスニングです。

最初にお伝えしたとおり、リスニングパートとリーディングパートを比較すると、英語の基礎力がある場合には、リスニングパートのほうがスコアを上げやすいからです。

というのも、リスニングパートで使われている英文法や英単語は、リーディングパート、特にパート7の長文読解問題で使用されているものより難易度が低めです。

そのため日々聞き取りの練習をしてリスニング力を伸ばしていくと、比較的短期間でリスニングパートのスコアを伸ばすことが可能です。

このリスニングの方が点数を取りやすい傾向は、過去のTOEICスコアのデータからも明らかです。

下の表は2019年9月現在、直近5回分のTOEICスコアの平均点をまとめたものですが、リスニングとリーディングスコアの間に毎回60点ほどの差が見られます。

TOEIC開催月
(2019年)
リスニングリーディング合計
5回の平均値323.8263.84587.62
7月321.9259.6581.5
6月321.4262.3583.7
5月328.6268.2596.8
4月327.4269.5596.9
3月319.7259.6579.2

※上記グラフは下記資料を基に本サイト運営者が作成

参照元:国際ビジネスコミュニケーション協会:公開テスト 平均スコア・スコア分布 一覧

効率よくスコアアップを狙うには、まずは伸ばしやすい部分に注力していきましょう!

それではここから、リスニングを含めた、具体的な勉強法を紹介します。

おすすめ勉強法:公式問題集を解く

600点以上を狙うなら、効率よくスコアを上げるために模試の実施が必須になります。

ただ目標スコア600点レベルでは、そこまで何回も模試を行う必要はありません。

公式問題集を1冊しっかり行うだけでも良いでしょう。

実力アップにつながる鉄板の模試のやり方は次のとおりです。

模試の実施法1:公式問題集を購入する

まずは最新の公式問題集を購入します。

TOEICの公式問題集は何冊か売られていますが、2019年9月現在、最新版は黄土色の表紙が目印の「5」になります。

その前の版はピンクになりますが、大きな書店では隣り合わせに置かれていることもあるので、間違えないように注意してくださいね。

もちろん古い版も役に立ちますが、最初の一冊は、現在の傾向が反映された最新版を購入すると良いでしょう。

模試の実施法2:模試を実施する

購入後、家で模試を行う際には、ぜひ2時間のテストの間、邪魔が入らない体制で取り組むことを強くオススメします。

簡単そうに聞こえるかもしれませんが、意外と大変です。

我が家もそうですが、子供がいると必ず途中で邪魔されたりしますよね^^;

ですがTOEICは、2時間の集中力が維持できるかどうかも大きく結果に影響するテストです。

2時間集中し続けられないと、本来の実力を出し切れずにスコアが低くなってしまうことも・・・

本番で力を発揮するためには、家での模試の際にも、集中力を鍛えていきましょう!

模試の実施法3:模試を復習する

模試を実施し、答え合わせまで終えたら、この模試を使いまわしていきましょう。

間違えた問題を再度解いたり、2週間ほどあけてもう一度模試を行ってみると、力がついていきます。

さらにリスニングパートは教材として使用し、何度も聴くと、TOEIC用の耳を作っていけます。

一度行った模試を教材にするのは、リスニングパートスコアアップに直結する超王道勉強法なのです!

長い文を聴くと辛いと感じられたら、最初はパート1とパート2という短文からなるパートを重点的に聞き取るようにして、徐々に耳を慣らしていくと良いですね。

ただ、基本の英語力がなかったり、そもそもの英語の発音を勘違いしている場合には、いくら聞いてもリスニング力が伸びていきません。

実は私自身も、長い間英語の発音を勘違いしていたために、リスニング力はさっぱりでした。

ですが原因が分かり、英語の発音を学び直してからは、TOEICリスニングパートで490点を取るまでになりました。

こんな私の経験からも、もしリスニング力に伸び悩みを感じる場合には、根本原因をつきとめていくことをオススメします。

リスニングの悩みと解決法を解説した記事が別にあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

TOEICリスニングは間違った勉強法だと伸び悩む!原因別解決法
TOEICのリスニング力は正しい勉強法を続ければどんどん上達します。ですが自分に合わない方法を続けても効果はなく、伸び悩んでしまいます。私自身リスニングが苦手でしたが、ある方法を取り入れてからTOEIC960点を取るまでになりました。今回は悩み別に正しいリスニング勉強法を紹介しますね。

効率よく耳を鍛えられる色々なリスニング法も紹介しています。

くまた
くまた

リスニング力を鍛えると、スコアを上げやすいんだね。

じゅんこ
じゅんこ

ええ。

まずは続けてみてね。耳を鍛えるのは、続けるのが大事だから。

くま美
くま美

試してみるわ!

くまた
くまた

他にもやったほうが勉強ってあるの?

じゅんこ
じゅんこ

実は、絶対おすすめしたいことが、もうひとつあるわ。

それは総合対策本!

あとは弱点を補強しておくと良いかしら。

くま美
くま美

え、詳しく教えて!

おすすめ勉強法:総合対策本を解く

公式問題集に加え、はじめてTOEICを受ける人向けの参考書である総合対策本も一冊解いておきたいところです。

問題音声は、リスニングトレーニングにも使用できます。

総合対策本のオススメは、この「はじめてのTOEIC L&R テスト 全パート総合対策」です。

いわゆる「攻略法」に加え、本番に近い形の練習問題と、試験に良く出る単語集で構成されています。

この本を通じてパートごとの傾向や対策を把握できますし、解き方のコツに関する知識も得られますよ。

この本は2011年に最初に出版されましたが、以降ずっと売れ続けています。

現在販売されているのは2017年に出版された改訂版になります。

ただ過去のバージョンもまだ売られているようなので、購入の際には注意してくださいね。

上記のリンクは最新版のものとなります。

なお総合対策本も模試と同様一度解いて終わりではなく、何度も復習しておくと効果倍増です

私自身も気に入った問題集は2回~3回、繰り返して解くようにしていましたが、効果アリでした。

特にTOEICはパターン性のあるテストなので、しっかりパターンを覚えこんでいくほうが点数アップにつながりやすいのです。

おすすめ勉強法:文法力の補強

ここまで紹介してきた公式模試の実施や総合対策本の勉強を通じて、もし「文法問題を解く力が弱い」と感じた場合には、この文法特急で効率よく文法力を鍛えていけます。

通勤中やスキマ時間に1問ずつ解いていくことができる形式で、まとまった勉強時間が取りにくい日々の中でも手軽に取り組めるのが魅力の本です。

薄い上に、文庫本より若干大きいぐらいのサイズなので、ハンドバックにもスッキリ収まります。

おすすめ勉強法:英単語力の補強

英単語力についても、足りないと感じたら補強が必要です。

ただ英単語力には個人差があるので、今いるレベルで「必要ない」と感じる場合には、まずは他の勉強から取りかかっておくほうが良いです。

英単語対策は必要を感じたタイミングで、随時、力をいれていきましょう。

使用する本は、基本の英単語力が備わった状態であれば、TOEICのバイブル的英単語本である金フレを行うのが一押しです。

作者のTEX加藤先生はTOEICテストを受けた直後、毎回記憶を頼りにテストに出た英単語をエクセルファイルに入力していったそうですが、金フレはこのエクセルファイルを元に作られた本です。

まさにTOEIC対策のエッセンスが詰まっている本といえますよね。

金フレの説明や活用法は、TOEIC語彙力対策をまとめた記事にあるので、併せて参考にしてみてください。

TOEIC語彙力対策:最小限の単語数で高得点まで狙える方法
TOEICテストで高得点を取るためには、8,000~10,000の単語数が必要とも言われていますが、中学・高校レベルの英単語がある程度身についている人であれば、新しくすべての単語を覚える必要はありません。またTOEICに特化した英単語を覚えることで、ずっと少ない英単語数で高得点を狙えます。

まとめ

今回はTOEIC600点に到達するまでの勉強法を説明しました。

■TOEIC600点は履歴書に書ける最初のスコアであり目標にする人も多い

TOEIC受験者全体の20%程度に該当する

■リスニング力アップに力を入れると効率よくスコアを上げることができる

具体的な勉強法は次のとおり

ー公式模試を行う。リスニング力アップの教材としても使用する

―総合対策本を行う

―文法力・英単語力が弱いと感じたら補強する

英語基礎力が身についた状態であれば、今回紹介したようなTOEIC用の対策を行っていけば、600点取得はむずかしくはありません。

せっかくTOEICに挑戦するなら、ぜひ履歴書に書けるスコアを手に入れて、今後のキャリアに活かしましょう!

TOEIC目標スコア別勉強法くまたと学ぶ英語とTOEIC
【プレゼント】英語が速く読める
TOEICを時間内に解きおえて
目標スコアを最短距離で 獲得しましょう!


TOEICで高得点を取れるかは英語を速く読めるかどうか。
読解力を上げるには3つの力が必要です。
この3つの力を解説したレポートと、読解力を上げるフォローアップ動画をプレゼントします。

詳しく見る

【プレゼント】
英語が速く読める

TOEICを時間内に解きおえて
目標スコアを最短距離で 獲得しましょう!


詳しく見る

TOEICで高得点を取れるかは
英語を速く読めるかどうか。
読解力を上げるには3つの力が必要です。
この3つの力を解説したレポートと、読解力を上げるフォローアップ動画を プレゼントします。
\シェアはこちらから♪/

\Twitter発信中。フォローして下さいね♪/

\Twitter発信中。フォローして下さいね♪/

\Line@はじめました♪/
友だち追加
くまた英語~仕事を変える英語力を

コメント