TOEICパート5文法問題対策:時間をかけずに正確に解く方法

TOEICパート別対策
この記事を書いた人
加藤 じゅんこ

次女出産後に死を意識したことがきっかけで、独学で英語をやり直す。TOEIC960点・英検1級を取得して独立。英語講師と海外企業の日本窓口に。【NHK基礎英語2】にインタビュー記事掲載される。信念は「英語で働き方は変わる!」
詳しいプロフィールはこちらをクリック

Twitterつぶやき中。フォローよろしくお願いします^^
くま美
くま美

パート5からはリーディングパートよね。

リスニングパートでは聞き逃しちゃいけないってあせったけど、リーディングは自分のペースで解けるからほっとするわ。

じゅんこ
じゅんこ

甘いわ、くまみさん!

くま美
くま美

えっ、また!?

じゅんこ
じゅんこ

パート5は速く解かないとパート7の足を引っ張って、全体の点数が伸び悩んじゃうことにもなるわ。

時間配分がすごく大事なパートなのよ。

くまた
くまた

自分のペースで解いちゃだめってことだね。

じゅんこ
じゅんこ

ええ。

パート5の時間配分から速く解くコツ、しっかり解説していくわ。

TOEICテストパート5からは、問題を読んで答えるリーディングパートになります。

しっかり時間配分をしておかないと、最大の難関ともいえるパート7のために十分な時間を残しておけません。

パート5は正確に解くだけでなく、いかに速く解くかが大事なパートなのです。

今回はパート5のための時間配分と速く解くためのコツ、そして勉強方法まで解説していきますね。

TOEICパート5の問題構成と時間配分

まずはパート5の問題構成から見ていきましょう。

TOEICパート5の問題構成

パート5は一文の中で一か所が空欄になっており、その場所を埋めるのに最も適した単語を4つの選択肢の中から選ぶという問題形式です。

問題は全部で30問です。

リーディングパートの一番最初ということもあり、パート5でどれぐらいの時間を使うかがそのあとに大きく影響していきます。

TOEICパート5の時間配分

リーディングパートは全部で75分ですが、パート5にかける時間は短ければ短いほど良いと言われています。

全部で30問なので、1問20秒で解けたとすると、かかる時間は10分です。

30問×20秒=600秒=10分

このペースを推奨する人もいますが、これにはかなり高い読解力・語彙力がなければむずかしいでしょう。

おすすめとしては、まずは1問につき30秒ぐらいの速度を目指してみるとよいかと思います。

このペースなら15分で解き終わることができ、残りのパートのために時間を残しておくことができます。

30問×30秒=900秒=15分

ただこれも、最初から狙うのはかなり大変な速度です。絶対に守るというよりも、まずは家で模試を実施する時の「高めの目標」として意識してみてくださいね。

家で模試を行う段階から時間配分に気を配っておくと、問題を速く解くことに慣れ、本番でもペースを保ちやすくなりますよ。

TOEICパート5にかける時間を短くするコツ

とにかく速く解く、とだけ聞くと大変そうですが、実はパート5に出題される問題には文の意味が分からなくても回答できてしまう問題があります。

こういった問題を解くには20秒もかかりません。

速く解ける問題の見極め方と解き方が分かれば、高い正解率を維持しつつ素早くパート5を解くことができるのです。

くま美
くま美

なるほど!

ちゃんと読まなくても解ける問題があるのね。

じゅんこ
じゅんこ

ええ。

問題のタイプを見抜ければラクに解いていけるわ。

くま美
くま美

ぜひ、やり方を知りたいわ!

じゅんこ
じゅんこ

それじゃ速く解ける2つのタイプの文法問題を解説していくわね。

TOEICパート5で時間をかけずに解ける問題

ルールを覚えてしまえば時間をかけずに解ける代表的なものが品詞問題動詞問題です。

時間をかけずに解ける問題タイプ1:品詞問題

品詞を問う問題は毎回必ず出題されます。割合としては全体の3割程度です。

まずは品詞問題の見極め方から見ていきましょう。

品詞問題の解き方

品詞問題は選択肢に語尾だけが異なる同じような単語が並んでいるという点が特徴です。

次のような問題となります。

【品詞問題の例①】

Customer reviews indicate that many modern mobile devices are often unnecessarily —.

(A) complication
(B) complicates
(C) complicate
(D) complicated

参照元:一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会
TOEIC Listening & Reading Test サンプル問題 Part5, No.101

この問題の答えは、Dです。

Customer reviews indicate that many modern mobile devices are often unnecessarily complicated.

「顧客のレビューによると、最新の携帯機器の多くは、不必要に複雑であることが多い。」

パート5に慣れている人であれば、この問題を見たら意味を理解しようとせず、文の構造を見ただけで数秒で解いてしまうでしょう。

どのように解いていくか、くわしく解説していきますね。

品詞問題を解く手順① 文型を理解する

パート5を解くには、まず問題文の構造を読み取り、そして空欄箇所が文の中でどういった役割を果たすのかを見抜く必要があります。

そのためには英語の文型の知識が不可欠です。英語の文は、次の5つの型のいずれかに沿って作られています。

【英語の5文型】

文型構造
第一文型主語+動詞
(S+V)
SはVする
She works.
「彼女は働く。」
第二文型主語+動詞+補語
(S+V+C)
SはCである

She is happy.
「彼女は幸せだ。」
*S=Cとなります。
動詞はBe動詞やbecome, lookなど、わりと限られています。
第三文型主語+動詞+目的語
(S+V+O)
SはOをVする
She buys a present.
「彼女はプレゼントを買う。」
第四文型主語+動詞+目的語+目的語
(S+V+O1+O2)
SはO1にO2をVする
She gives me a present.
「彼女は私にプレゼントを与える。」
第五文型主語+動詞+目的語+補語
(S+V+O+C)
SはOをCにする
SはOがCだとVする

She makes me happy.
「彼女は私を幸せにする。」
*O=Cとなります。

この5文型、中学生の時に習いましたよね。

もし「記憶がおぼろげだな」と感じたら、この表を見て思い出してみてください。

ただしっかり暗記する必要はなく、英文を見て「どのような構造なのか」を感じ取れるようになることが大事です。

品詞問題を解く手順② 品詞を理解する

問題文の構造から空欄部分の役割が分かったら、空欄部分に入れるべき品詞を考えていきましょう。

実は空欄部分の役割によって、使うべき品詞は決まっています。

こちらの表を参考にしてくださいね。

空欄部分の役割使われる品詞
主語 (S)名詞・代名詞
動詞 (V)動詞
補語 (C)名詞・代名詞・形容詞
目的語 (O)名詞・代名詞

たとえば空欄部分が主語(S) に当たる部分であれば名詞の選択肢を選びます。動詞(V) に当たるのであれば、当然動詞を選ぶことになります。

品詞問題を解く手順③ 品詞問題を解いてみる

以上が品詞問題の解き方です。

説明した①と②のステップを使って、先ほどの問題をあらためて解いてみましょう。

問題文の構造と空欄の役割を見抜く

先ほどの問題文は次の文でした。

Customer reviews indicate that many modern mobile devices are often unnecessarily —.

That節が入れ子のような形になっていますが、大枠の文型は主語(S)+動詞(V)+目的語(O) の第三文型です。

目的語の部分がThat節となり、ここにも1つの文が入っています。That節の中は主語(S)+動詞(V) の後の部分が空欄となっています。

長い文ですが、このように構造が読み取れれば、意外とシンプルな形に見えてきませんか?

That節は、動詞がBe動詞 “are” なので、おそらく空欄には補語(C) が入ることが予想できます。

文型で言うと、主語(S)+動詞(V)+補語(C)の第二文型です。

空欄に入るべき品詞を選択する

文の構造が見抜けたら、次に回答を選んでいきます。

補語には形容詞が入るので、回答候補の中から形容詞を選びます。

【品詞問題の例①】

Customer reviews indicate that many modern mobile devices are often unnecessarily —.

(A) complication ⇒名詞
(B) complicates ⇒動詞三人称単数形
(C) complicate ⇒動詞
(D) complicated ⇒形容詞・動詞の過去形

正解はDの “complicated” となります。

品詞の見抜き方

丁寧に解説してきましたが、実際には文の構造を見極め、ふさわしい品詞を選ぶことができれば品詞問題を解くのに時間はかかりません。

もし「単語を見ただけでは品詞が分からない!」という場合には、英単語の語尾と品詞の関連性をまとめた次の表を参考にしてくださいね。

英単語は、品詞によって語尾にパターンがあり、よくあるパターンを覚えてしまえば、初めてみる単語であっても品詞が言い当てられるようになります。

【品詞別英単語の語尾のパターン】

品詞語尾
名詞
-ance, -tion,-sion,-ness, -ment, -cy, -ty,-ry,-ee,-or, -er
動詞
-ate, -en,-ify, -ize, -ize
形容詞
-ive, -ous, -ble,-ful, -ed,-able
副詞
-ly

なお語尾が “ly” で終わっていると副詞であることが多いですが、形容詞 “weekly(毎週の)” など例外もあるので注意してください。

英単語の品詞をすぐに見抜くことができれば、パート5だけではなく英文の読解力そのものが上がっていきますよ。

品詞問題をより速く解くコツ

品詞問題は次のポイントをおさえておくと、より速く解くことができるようになります。

問題に慣れてきたら、無理がない範囲で取り入れてみてくださいね。

【品詞問題を速く解くコツ】

① 問題文の文型を見抜き、必要な項目が抜けていれば、名詞か動詞か形容詞を選ぶ。

② 問題文の文型を見抜き、必要な項目が揃っていれば、形容詞か副詞を選ぶ。

②のコツを使っていくには形容詞と副詞の違いがはっきり分かっている必要があります。ただ両者の違いを明確に説明できない人は意外と多かったりします。

例を使って説明するので、「違いが良く分からない」と感じたら参考にしてくださいね。

形容詞と副詞の見分け方

形容詞とは、名詞を修飾するものです。そのため名詞の前に位置します

副詞は動詞を修飾します。場所としては動詞の前後や、文の最後に来ることが多いです。語尾は “ly” で終わることが多いです。

たとえば次のような例文があったとします。

The conference was — ended.

A. successfully

B. successful

「空欄はBe動詞の後にある」=「副詞を選ぶべき」というふうに判断できれば、瞬時に回答することができます。Aのsuccessfully が正解ですね。

The conference was successfully ended.

「その会談は無事に終了した。」

このように、どちらを入れるべきか悩んだら、空欄の位置に注目していきましょう。

形容詞と副詞の区別がしっかりつくようになると、品詞問題が解きやすくなっていきますよ。

時間をかけずに解ける問題タイプ2:動詞問題

品詞問題について一通り解き方を解説してきました。

次に品詞問題と同様、時間をかけずに解いていきやすい動詞問題に移ります。

動詞問題の解き方

まずは動詞問題の見極め方ですが、選択肢の中に同じ動詞が違う形で並んでいれば動詞問題であると判断ができます。

次のような問題となります。

【動詞問題の例①】

I — to discontinue my subscription to the magazine yesterday.

(A) decide
(B) to decide
(C) is deciding
(D) decided

この問題の答えはDです。

I decided to discontinue my subscription to the magazine yesterday.

「私は昨日、その雑誌の購読をやめることを決めました。」

理由は “yesterday” という単語が入っているため、動詞の過去形を選ぶ必要があるからです。

動詞問題の解き方のポイントを解説していきますね。

動詞問題の解き方① 時を表すキーワードを見つける

動詞問題では、まずは空欄部分が文の構造上で動詞にあたる部分なのかを見極めましょう。先ほど品詞のパートで見てきた通り、【主語(S) + 動詞(V)】 の動詞(V)にあたる部分です。

文の構造上の動詞であると判断できたら、次に問題文の中に「時」を表すキーワードがないか探してみましょう。

キーワードを見つけられたら、この時制に合った選択肢を選べばOKです。

時を表す英単語には次のようなものがあるので、参考にしてみてくださいね。

時制時を表す英単語例
過去形last month, three weeks ago, since April, recently,
*recentlyは完了形でも使われます。
完了形lately, since April, for two years
未来形tomorrow, next week
動詞問題の解き方② 受動態か能動態かを見抜く

なお動詞問題は時制ではなく「態」を問われる場合もあります。

たとえば次のような問題です。

【動詞問題の例②】

Your purchase — by air yesterday.

(A) ships
(B) shipped
(C) is shipped
(D) was shipped

答えはDとなります。

Your purchase was shipped by air yesterday.

「ご購入品は昨日航空便で発送されました。

yesterdayが付いているので過去形を選ぶ必要があります。また意味の上から、受動態が入ることになりますね。

態を考える問題は主語と動詞の関係を見ていきましょう。

文章の意味は大まかにとらえる必要がありますが、ただそれでも、細かい意味まで理解せずに解けることが多いです。

動詞問題の解き方③ 主語が三人称であるかに注意する

なお動詞問題では正解の選択肢を絞り込んでいく上で、主語が三人称かどうかが意外と重要になっていきます。

三人称であった場合には、三人称単数の “s” が動詞の語尾についているかに注意してくださいね。

三人称単数は基本的な文法知識ですが、実際に問題として出題されると、意外と見逃されてしまったりします。

たとえば次のような問題になります。

【動詞問題の例③】

The main presenter, Mr.Lee Chan — to arrive at 6 P.M. tonight.

(A) expect
(B) expects
(C) expecting
(D) to expect

正解はBとなります。

The main presenter, Mr.Lee Chan expects to arrive at 6 P.M. tonight.

「主なプレゼンターであるMr.Lee Chanは今夜6時に到着する予定です。」

このように動詞問題では、主語をあえて長くして文の構造を分かりにくくしている場合もあります。トラップに引っかからないよう、冷静に文の構造を見抜いていってくださいね。

動詞問題の解き方④ 文の構造上の動詞でない場合は原形かing形を選ぶ

空欄部分に入るべき動詞が文の構造上の動詞(V)としての役割を果たしていない場合には、【to + 動詞の原形】で形作る不定詞形や、語尾に【ing】が付く分詞形・動名詞形が正解であったりします。

この場合にもルールが分かっていれば、空欄の前後だけを見て選べることが多いです。

例えば次のような問題は、前置詞の後は動名詞が入るという知識があれば、すぐに解けます。

【動詞問題の例④】

Mr.Lee will arrive at 1 P.M. for — a presentation.

(A) make
(B) made
(C) making
(D) be made

正解はCの “making” ですね。

Mr.Lee will arrive at 1 P.M. for making a presentation.

「リーさんはプレゼンテーションをするために1時に到着予定です。」

TOEICパート5 その他の文法問題

ここまでは、コツが分かれば速く正確にたどり着ける品詞問題と動詞問題を解説してきました。

パート5には他にも代名詞や前置詞、比較級などの問題が出題されます。

【TOEICパート5に出題されやすい文法問題】

  • 品詞
  • 動詞
  • 前置詞
  • 代名詞(関係代名詞含む)
  • 比較級
  • 接続詞

こういった問題の中にも、意味が分からなくても解けてしまうものはあります。

文の構造と文法知識を使って解ける問題には、出来る限り時間をかけないよう意識していきましょう。

ただ実は、パート5は4割~5割程度を文法問題ではなく語彙問題が占めます。

TOEICパート5の語彙問題

語彙力を問われる問題はルールでは解けず、英単語の知識が必要です。

語彙問題の見抜き方と対策を解説していきますね。まずは特徴から見てみましょう。

語彙問題の解き方

選択肢の中の品詞が共通していて単語が違うものがあれば、語彙問題です。

たとえば、このような問題となります。

【語彙問題の例】

All clothing sold in Develyn’s Boutique is made from natural materials and contains no ——- dyes.
(A) immediate
(B) synthetic
(C) reasonable
(D) assumed

参照元:一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会
TOEIC Listening & Reading Test サンプル問題 Part5, No.105

正解はBです。

All clothing sold in Develyn’s Boutique is made from natural materials and contains no synthetic dyes.

「Develynのブティックで販売されている服はすべて天然素材で作られており、合成染料を使用しておりません。」

この問題は “synthetic” の意味が分からなければ解けないですよね。

このように語彙問題は時間をいくら使っても、単語の知識がなければ分かりません。

コツとしては解けない語彙問題にあたってしまったら、とにかく悩まず、早めに回答を選んで気持ちをすぐ次の問題に向けるようにしていくことです。

これもパート5を速く解くために重要なポイントなのです。

語彙力の付け方

語彙問題を解くための語彙力の付け方としては、「TOEIC用の英単語の本」の記事でも紹介した「金フレ」を使うのがおすすめです。

さらに金フレと共に「語源図鑑」を併用すると、純粋な単語力だけでなく、覚えていない単語が出た時でも正解に辿り着ける可能性が高まります!

というのも「語源」が分かるとなんとなくその単語の意味が予測できたりして、直感で選ぶ際の大きな助けとなるからです。

TOEICテストは4択なので、おぼろげにでも意味が分かっていれば選択肢を絞り込むことができ、正解率のアップにつながります。

基本の語源を押さえて、直観力をアップさせていきましょう。

くま美
くま美

パート5の問題のパターン、分かってきた気がするわ。

構造が分かれば答えられる問題と、知識がなければ解けない問題があるのね。

じゅんこ
じゅんこ

そうなの。

構造で解ける問題は、文の意味を理解するのに時間を使わないでね。

くまた
くまた

考えても分からない問題には時間を使いすぎちゃだめなんだね。

ぼく、そういうのは得意な気がするな。

くま美
くま美

私は苦手だわ。分からなくても、つい考えちゃうわ。

じゅんこ
じゅんこ

くまみさんの粘り強さは、素敵だわ。

ただパート5の時間配分は気を付けてね。

くまた
くまた

家で模試をやるときに、ぼくが時間をはかってあげるよ。

くま美
くま美

ありがとう、くまた。

ただ模試だけじゃなく、もっと問題に慣れておいたほうが良いと思うの。どんなふうに勉強したらいいかしら。

じゅんこ
じゅんこ

そうね。

最後におすすめの本を紹介するわね。

TOEICパート5攻略のためのおすすめ本

パート5を解く力を上げるために、今回はレベル別に2つの本を紹介します。

大人の英文法知識は人によってかなり差があるので、ご自身に合ったほうを参考にしてみてくださいね。

英文法初級者レベル:TOEIC用の英文法の本

パート5には今回詳しく見てきた品詞問題・動詞問題以外に、関係代名詞や前置詞、比較級の知識を問う問題が出題されます。こういった英文法全般についてイマイチ覚えていない、という場合には、パート5の問題を解く前に英文法をおさらいしてみるのが良いでしょう。

読みやすい本が良い場合には、こちらの「TOEICテスト英文法をひとつひとつわかりやすく。」がおすすめです。

学研の「ひとつひとつわかりやすく」シリーズのTOEIC英文法編です。

TOEICテストで狙われやすい英文法について、まさに「分かりやすく」解説してくれます。

イラストもかわいく、温かみがあります。分量は薄く「分厚い文法の本は読む気がしない」という人にはもってこいの一冊です。

ただこの本だけでは実際に問題を解く量が足りないので、ある程度英文法の知識が得られた後は、模試の本などで実際にパート5の問題に慣れていくと良いですね。

英文法中級~上級者レベル:パート5用の問題集

すでに英文法の知識がある場合は、問題を繰り返していきましょう。

模試の本でも良いのですが「パート5だけひたすら解いていきたい」という場合にはこちらの「TOEIC L&Rテスト文法問題でる1000問」がおすすめです。

この本の作者は、TOEIC英単語のバイブル本「金フレ」の著者TEX加藤先生です。この問題集をある程度解いていけば、パート5の問題にかなり精通することができるでしょう。

本には1000問の問題を並べ替えた別冊も付いてくるので、一度解いた問題を新たな気持ちで復習することができます。また音声もダウンロード可能です。

金フレ同様、TEX加藤先生の本は読者が本で得た知識をしっかりと身に着けられるよう勉強方法まで配慮した作りになっているのが特徴です。「この本で点数を上げて欲しい」という先生の想いが伝わってきますね。

まとめ

今回はパート5の対策と勉強法について解説しました。

■パート5では正確さと同様、時間配分が大事。1問30秒で解けると良い。

■品詞問題や動詞問題はコツを押さえると速く解ける。

・品詞問題:文型と品詞を見抜くことが速く解く鍵

・動詞問題:時制と態を見抜くことが速く解く鍵

■語彙問題は知識がなければ解けないので、分からない場合には時間をかけないようにする。

文法問題は必要な知識を得てから問題をこなしていけば、必ず速く正確に解くことができるようになります。

今回紹介した方法も参考にしてぜひパート5をリーディングパートでの得点源にしていってくださいね。

コメント