メルマガ始めました。登録はこちらから。

TOEICパート1写真描写問題の鉄板対策:時制と単語とマインド

TOEIC基礎知識・パート別攻略
この記事を書いた人
加藤 じゅんこ

次女出産後に死を意識したことがきっかけで、独学で英語をやり直す。TOEIC960点・英検1級を取得して独立。英語講師と海外企業の日本窓口に。【NHK基礎英語2】にインタビュー記事掲載される。信念は「英語で働き方は変わる!」
詳しいプロフィールはこちらをクリック

加藤 じゅんこをフォローする
くま美
くま美

TOEICパート1って、たった6問しかないのよね。

写真を見て答える問題だし、何とかなるかしら。

じゅんこ
じゅんこ

甘いわ、くま美さん!
パート1は全体のモチベーションにも影響してくる大事なパートよ。

今回はパート1をしっかり対策していくわよ。

くま美
くま美

は、はいっ!

くまた
くまた

なんだかいつもよりも熱が入っているね。

TOEICパート1は6問しかないので全体の分量から考えると少なく、また写真を見ながら解けるということで簡単そうに思えますが、実は一筋縄ではいかないパートです。

パート1攻略のポイントは「時制」「単語」そして「マインド」の3点です。

今回は、まずTOEICパート1の4つの写真パターンから「どういった説明文がでてきそうか」を見ていき、その後にパート1全体に共通する攻略ポイントを解説していきますね。

ポイントが分かれば引っかけ問題のトラップを回避し、正解を見抜くことができるようになります。

★動画版★本記事には動画版もございます。内容は記事より少な目ながら、記事内の英語を音声でご確認いただけます。記事と合わせて見てみてくださいね。
元企業のTOEIC講師によるパート1攻略法:ポイント解説

TOEIC パート1 の問題形式をおさえよう

まずはTOEIC パート1の問題形式を確認した後、パート1で出てきやすい4つの写真のパターンを紹介していきますね。

TOEICパート1の問題構成

TOEICパート1では1枚の写真について4つの短い説明文が1度だけ放送されます。4つの文の中から写真を最も適切に描写しているものを選びます。なお、説明文は印字されていません。

たとえば次のような問題が出題されます。

【TOEIC Part1 サンプル問題】

【選択肢(実際には印字されず音声のみが流れます。)】

A:They’re moving some furniture.

B: They’re entering a meeting room.

C: They’re sitting at a table.

D: They’re cleaning the carpet.

参照元:一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会 TOEIC Listening & Reading Test サンプル問題

正解は「C :彼らはテーブルに着いている。」ですね。

なお、実際にTOEICテストを解く際には、問題を解く前に必ず「写真を良く見ておく」ことをおすすめします。

音声が流れてくる前に写真を確認することで「こんな説明文が流れそうだ」といった予測がつき、問題を解く上で有利になるのです。

そのためには問題を早めに解き、余った時間で次の問題の写真を見る、というリズムでテストを解き進めていくと良いですね。

TOEICパート1の問題構成が把握できたところで、次に出題される写真のパターンを見ていきましょう。

TOEICパート1の4つの写真パターン

TOEICパート1に出てくる写真には次の4つのパターンがあります。

1.人物が一人だけ写っている写真

2.複数の人物の写真

3.物の写真

4.風景の写真

パターンごとに出題されそうな説明文の例と、考え方のポイントを解説していきますね。

パターン1.人物が一人だけ写っている写真

まずは人物が一人だけ写っている写真です。

写真描写という問題の性質上「今何をしているのか」に焦点をあてた説明文はパート1全体にわたって良く出てきますが、人物が一人だけの場合には特に重要です。

このパターンでは、「この人は今何をしているのか」という点を意識して写真を見ていくようにしましょう。

上の写真から問題に関わってきそうな重要な情報としては、以下のようなポイントが考えられますね。

・眼鏡をかけている

・カップを持っている

・パソコンの画面を見ている

たとえば眼鏡に焦点をあてると、次のような正解の説明文が考えられます。

The woman is wearing glasses.

「女性は眼鏡をかけています。」

ちなみにこの例では “wear” という動詞が使われていますが、”wear” は「身に着けている状態」を指します。現在進行形になっても同様です。

もしここで “wear”ではなく”put on(身に着ける)” という動詞が使われると「今まさに眼鏡をかけているところ」という意味になり、不正解になります。

×The woman is putting on glasses.

ちょっと意地の悪い例ですが、パート1ではこういったひっかけ問題も出てくるので注意してくださいね。

パターン2.複数の人物の写真

次に複数の人物が写っている写真です。

この場合「全員で行っているのか」あるいは「その中の1人だけが行っているのか」という点が重要になります。

間違った説明文の例としては、次のようなものが考えられます。

×They are sitting on the sofa.

「彼らはソファに座っています」

上記の写真では女性が立ち、男性だけ座っている状態なので、主語が “They” になるのはおかしいですよね。

この文章の主語が ”The man” であれば、正解になります。

The man is sitting on the sofa.

複数の人物が写っている写真では、特に主語の違いに注意して音声を聞いていきましょう。

なおこのように「他のすべてが合っているのに一部だけ違う」という説明文もパート1全体にわたってよく出てきます。

パターン3.物の写真

3つ目は物が写っている写真です。

ここでは物の「配置状態」が重要になります。

物の写真では「物がどのような状態か」に意識を向けていきましょう。

上の写真であれば、書類が机の上に積み重なった状態であることが説明文になりそうですね。

次のような音声が流れてきたら、正解となります。

There is a pile of documents on the table.

「机の上に書類が積み重なっています。」

反対に不正解の例としては、「机の上はきれいに整頓されている」とか「男性が机を整頓している」といったものが考えられます。

写真に「机」が写っているので、あえて同じ「机」という単語を入れることで、間違った説明文を選ぶように誘導してくるのです。

なお上記の文に出てきた“pile” は動詞としても使われる単語で「(無造作に)積み重ねる」という意味です。似たような単語で “stack”というのもあり、こちらは「(きちんと)積み重ねる」という意味になります。

両方とも物が積み重なった写真の説明文に出てきやすい単語なので、覚えておくと良いでしょう。

物の写真では、引き出しや扉が開いていたりするパターンもあります。その際には引き出しや扉が「開いているのか、閉じているか」の状態をチェックしておきましょう。

パターン4.風景の写真

風景が前面に出た写真では「全体を見てどんな感じか」といったことを描写する説明文が流れたりします。

上の写真であれば「海の上にボートがいくつかある」だとか「海岸にパラソルが並んでいる」といった感じです。

不正解の説明文の例としてはこんな文章が考えられます。

×The parasols are being set up.

「パラソルが設置されているところだ。」

先ほどの「机」と同様、写真に「パラソル」が写っているので、つい選びたくなりますよね。

今回はちゃんと設置もされているので合っているように思えるのですが、これも不正解です。

ポイントは、写真ではパラソルは既に設置されているのですが、説明文では「今」まさに設置しているとあるので、時制が間違っているという点です。

このように時制を使ったトラップにも注意が必要です。

以上、TOEICパート1にでてくる4つの写真パターンと説明文の例を紹介しました。

説明文の例は重要な点を解説しやすいものを作りましたが、実際には意外な角度から作られることもあります。

そのため、どの写真であっても1点だけではなく「全体」をよく眺めておくようにすると良いでしょう。

じゅんこ
じゅんこ

風景の中に小さく人が写っていて、その人が行っている動作について問われることもあるわ。

くま美
くま美

えっ!

じゅんこ
じゅんこ

ぐっと目を凝らして写真を見ておくようにしてね。

くまた
くまた

ぼく、そういうの得意だな。

サイゼリヤに置いてある間違い探しみたいだよね。

TOEIC パート1対策のポイント

写真ごとに説明文の例を確認してきましたが、なんとなくパート1の「間違った説明文」のポイントが見えてきませんか。

パート1の引っかけポイントは大きく「時制」「単語」の2つに分かれます。

ここからパート1攻略にあたり重要なこの2つのポイントをもっと詳しく説明していきますね。

パート1攻略ポイント【時制】

まずは「時制」について確認していきましょう。

先ほど写真と共に見てきたとおり、パート1にはすべてが合っているのに時制だけが間違えている、という説明文が良く出てきます。

トラップに注意して、写真の状況を正確に伝える時制を選んでいきましょう。

そのためには「受動態」「現在進行形」「現在完了形」の3つの文法をおさえておくと良いですね。

さらに応用編である「受動態」+「現在進行形」「受動態」+「現在完了形」もおさえておきたいところです。

普段あまり見かけない形ですがパート1には出てくるので、ここでしっかり理解してしまいましょう。

TOEICパート1 必須文法:受動態

受動態というのはこのように構成される文です。

Be動詞 + 動詞の過去分詞系 + by 動作を行った人

たとえば「道路に沿って木が植えられている。」という文章を英語で言うと次のようになります。

Some trees are planted along the road.

TOEICパート1で「物」の状態などを言い表す場合には、「物」が主語となった受動態の説明文がよく使われます。

TOEICパート1 必須文法:現在進行形

次に「現在進行形」を見ていきましょう

現在進行形は、動詞の部分が次のように構成される文です。

be動詞 + 動詞ing

パート1の写真描写の説明文はよく「現在進行形」で作られます。

本記事の【写真パターン1.人物が一人だけ写っている写真】でも説明しましたが、パート1にはすべてが合っているのに「現在進行形」である点だけが正しくないという説明文も出題されるので、注意して時制を聞いていきましょう。

さらに、【写真パターン4.風景の写真】でも見てきましたが、この現在進行形に先ほど説明した受動態が組み合わさって出題されることもあります。

受動態の現在進行形は、こういった形で文が作られます。

The boxes are being wrapped.

これは「箱が今まさに包まれている」という状況を言い表していまいす。

もしこの説明文の写真が次のようなものであれば、この文は写真を描写しているとはいえません。なぜなら、この写真では箱は「既に包まれている」からです。

受動態になっても、現在進行形時制のトラップに引っかからないように気を付けてくださいね。

TOEICパート1 必須文法:現在完了形

最後に現在完了形ですが、これは動詞の部分が次のように構成される文です。

have + 動詞の過去分詞形

先ほどの進行形が「今まさに」ということを示しているのに対して、完了形は「すでに終わった」ことを表します。

この現在完了形も、先ほどの現在進行形のように受動態と組み合わさって出題されることがあります。

先ほどの箱の文章を現在完了形に変えると、次のようになります。

The boxes have been wrapped.

「箱は(既に)包装されています。」という意味ですね。

この文であれば、先ほどの箱の写真の状態を表した説明文として正しいことになります。

時制をしっかり聞き取って、もったいないミスをしないようにしていきましょう。

パート1攻略ポイント【単語】

次に単語を使ったトラップについて、説明しますね。

単語トラップには大きく分けて3つのパターンがあります。

TOEICパート1単語トラップ① 紛らわしい英単語に惑わされない

先ほど【写真パターン3.物の写真】でも見てきましたが、選択肢の中にはよく「紛らわしい単語」がはいってきます。

これはリスニングパート全体にわたって注意していきたいところですが、「単語だけ」で選択肢を選ぶのは危険です。

このトラップを避ける方法は「単語」だけで判断しないことになりますが、これは結局のところ「基本の英語力・リスニング力を鍛える」ということになります。

攻略法は知っておいて損はないですが、高得点を狙っていくのであれば、やはり英語力を根本的に上げていく必要があるのです。

もし「攻略を知っているけれど、うまく使いこなせない」と感じたら、基本の英文法・英単語力を上げるための勉強も合わせて行っていくことをおすすめします。

なおリスニング力の上げ方に悩んだら、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

短期間で耳が激変:TOEICリスニングが聞き取れない原因別勉強法
くま美 TOEICの模試を解いてみたのだけど、リスニング問題が聞き取れないのよね。 英語のリスニング力がパパっと上がる方法なんて、あるわけないわよね。 くまた お母さん...

TOEICパート1単語トラップ② 単語は置き換わる

次のポイントは単語は色々な言い方に置き換わるということです。

たとえば車や電車などの乗り物が写真に写っていると、音声では “vehicle(乗り物)”と言い換えられたりします。

またいちごやりんごなどの果物は “fruits” と、より大きなくくりで表現されたりもします。

また単語の置き換えとはやや異なりますが、女性が働いている写真であれば、女性を “the woman” と言ったり “the clerk(職員・店員)”と言い表したりもします。

写真にでてくる単語は、大きなくくりや具体的な表現で言い換えられるということを覚えておいてくださいね。

TOEICパート1単語トラップ③ パート1特有の単語がある

単語に関する最後の重要ポイントは、パート1のみに良く出てくる単語があるという点です。

たとえば、次のような単語です。

curb

wheelchair

stroller

意味はそれぞれ次のとおりですが、ビジネスパーソンには普段馴染みがなさそうな単語ばかりですね。

縁石

車いす

ベビーカー

これらの単語はTOEICテストの目的である「ビジネスにおけるコミュニケーション能力を高める」ことにはつながらないと思われますが、パート1を攻略する上では知っておいた方が良いでしょう。

パート1には他のパートに出てこない単語が出てくるのです。

そんなパート1特有の単語は、TOEIC攻略用の本の中で紹介されていたりします。

TOEIC用の英単語の本の記事でもおすすめした金フレにも「パート1重要語」コーナーがあるので、手に取ることがあったら、見てみてくださいね。

TOEIC語彙力対策はこれで万全:金フレ・銀フレ・語源図鑑
くま美 TOEICテストのために何個英単語を覚えたらいいのかしら。 じゅんこ そうね。 800点を取るなら8,000語とも言われているわ。 く...
くま美
くま美

パート1の説明文、だいぶ分かってきた気がするわ。

くまた
くまた

トラップを作るコツがわかったよ。僕も作れる気がしてきた!

くま美
くま美

くまた、あなたって出題者の目線なのね。

じゅんこ
じゅんこ

くまたくん、大物になるわね。

あと最後にもうひとつ、マインドのことを言うわね。

くま美
くま美

気持ちの持ち方のこと?

じゅんこ
じゅんこ

ええ。見逃されがちなんだけど、ここで大きく差がついていくのよ。

パート1攻略ポイント【マインド】

TOEICパート1の攻略をお伝えしてきましたが、最後に見逃されがちな「マインド」の大切さについて強調しておきたいと思います。

パート1は短いながら、そのあとのテスト全体にも影響する重要な箇所です。

リスニングパートでは「問題を早く解いて、先に次の問題に目を通していく」というリズムが点数アップに結び付きますが、このリズムもパート1から作っていくことになります。

もしパート1で回答があっているか自信が持てず気持ちを上手に切り替えられないと、このリズムを作り損ねてしまうことになります。そうなると、あとのパートにも悪影響を及ぼしてくることになりかねません。

たとえ回答に自信がなかったとしても、問題を解き終わったらすぐに次の問題に気持ちを向けていけるようにしましょう。

まとめ

今回はTOEICパート1の攻略法を紹介しました。

■説明文が流れてくる前に写真を見ておきましょう。

■出てくる写真には4つのパターンがあります。

パターンごとに説明文に出てくるポイントを意識しておきましょう。

■時制の引っかけ問題に注意しましょう。

■英単語の引っかけ問題に注意しましょう。

そのために3つのポイントがあります。

・写真にでてくる単語が音声で流れてきても、それだけで説明文を選んではいけない。

・写真の英単語は、音声では大きなくくりや具体的表現で表されることがある。

・TOEICパート1だけによく出てくる英単語がある。

■回答に自信がなくても「切り替えて次にいく」マインドが大事。

パート1には意外とむずかしい問題が潜んでいることもあります。

本記事で紹介したようなパート1で出やすい問題、狙われそうなところを事前におさえて、落ち着いた気持ちで本番に臨めるようにしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました