800点超えはリーディング力で決まる:TOEICスコア別勉強法

TOEIC目標スコア別勉強法
この記事を書いた人
加藤 じゅんこ

次女出産後に死を意識したことがきっかけで、独学で英語をやり直す。TOEIC960点・英検1級を取得して独立。英語講師と海外企業の日本窓口に。【NHK基礎英語2】にインタビュー記事掲載される。信念は「英語で働き方は変わる!」
詳しいプロフィールはこちらをクリック

Twitterつぶやき中。フォローよろしくお願いします^^
くま美
くま美

TOEIC800点を取るために何をしたらいいかしら。

じゅんこ
じゅんこ

リーディング力のアップが大事ね。

長文読解問題を速く正確に解いていかなきゃいけないから。

くま美
くま美

パート7のことね。

やっぱりあの長文読解パートをがんばらなきゃいけないのよね。

800点から先はかなりの高得点になるので総合的な力が必要になってきますが、特に力をいれてほしいのがリーディング力の強化です。

リーディング力は一朝一夕で伸びるものではありませんが、続けていけば必ず上げられます。

今回はリーディング力の伸ばし方を中心に、独学でできるTOEIC800点超えのための勉強法を教えますね。

TOEIC800点の英語レベル

まずはTOEIC800点のレベルから見ていきます。

TOEIC800点は、就職活動などで英語力を強くアピールできるレベルです。

忙しい社会人が独学で習得するのは難しく、有料のサービスに申し込む人も増えてくるスコア帯でもありますね。

お金を払ってでも「ぜひ取得したい!」と思われるほど効力があるスコアといえます。

求人情報でTOEIC800点以上を求める職種は、高い英語力を求めるものに限定されてきます。

例を挙げると英語講師や海外企業の日本窓口などですが、詳しく知りたい場合は、スコアと職種を解説した記事があるので、併せて読んでみてくださいね。

TOEICで転職・再就職が有利になる職種とスコアの目安
今回はTOEICスコアがあると転職や再就職活動が有利になる職種と求められるスコア目安を紹介します。TOEICスコアを就職活動に活かしていく際の注意点もお伝えしていきますね。TOEIC高得点を上手に使って就職活動を成功させましょう!

では英語の専門職にも就けるほどの800点というスコアを達成すると、具体的にどんなことができるのでしょう。

TOEICテスト運営団体のページを参考にすると、TOEIC800点以上は次の行為が英語で可能とされています。

  • ラジオのニュ-ス番組で、最初にアナウンサ-が言う主なニュ-ス項目を理解できる。
  • 担当者が不在の時にかかってきた電話相手の用件(メッセージ)を受け取ることができる。
  • 自分の専門分野での発表やプレゼンテーションを聞いて理解できる。
  • 職場で発生した問題点について議論をしている同僚の話が理解できる。
  • 自分の専門分野での発表やプレゼンテーションの後に行われる質疑応答のやりとりを聞いて理解できる。

参照元:国際ビジネスコミュニケーション協会「TOEIC L&Rスコア別できること一覧

つまり、英語を使って自分の業務をスムーズに遂行できるレベルといえますね。

最近(2019年7月)のTOEICテスト結果を見てみると験者全体の中で10パーセントの人が800点レベル、TOEIC795~895のゾーンに入ることが分かりますが、この低いパーセンテージからもTOEIC800点というレベルの高さが伺えます。

※上記グラフは下記資料を基に本サイト運営者が作成

参照元:国際ビジネスコミュニケーション協会:2019年7月実施第242回TOEIC L&Rテスト スコア分布詳細

TOEIC800点を達成するために必要な勉強時間

次にTOEIC800点を取るための勉強時間をチェックしてみましょう。

下の表はTOEIC講師向け教材も作成している会社によるものですが、目標スコアを取るために必要な勉強時間の目安を示しています。

表の見方は縦軸が現在のTOEICスコアで横軸が目標のTOEICスコアとなります。

引用元:Oxford University Press
“A Teacher’s Guide to TOEIC® Listening and Reading Test Preparing Your Students for Success” p.6

たとえばTOEIC750点の人が850点を取るのに必要な時間(オレンジ線)を見てみると「275」時間と出ています。

これは1日2時間勉強したとして、4~5ヵ月程度で達成可能な勉強時間ですね。

表からは、800点前と比較すると、800点から先は点数アップに必要な勉強時間が多くなってくることも見て取れます。

これは高得点帯になると、他のスコアでは避けて通るような「むずかしい問題」にも対峙せねばならず、そのためのスキルを身に着けるのに時間がかかるためです。

このむずかしい問題が数多く集中しているのがリーディングパート最後のパート7になりますが、どのようにしてこのラスボスを倒すスキルを磨いていったらよいのか、次項で解説しますね。

くま美
くま美

TOEIC800点って、やっぱり大変なのね。

くまた
くまた

レベルも高いし、勉強時間も増えちゃうんだね。

じゅんこ
じゅんこ

そうね。

ただ勉強時間は、リーディング力が身についているかどうかで、だいぶ違ってくるわ。

くま美
くま美

身についていない時って、どうしたらいいの・・・?

じゅんこ
じゅんこ

大丈夫!伸ばしていけるから。

これから方法を説明していくわね。

独学でTOEIC800点を取る勉強法

ここからは、TOEIC800点を達成するための勉強法を説明します。

現状のスコアレベル目安と注力ポイントは、こちらです。

現状のTOEICスコア目安TOEIC600~700点

平均を超えるTOEICスコアを常に取ることができるレベル

勉強で注力したい点リーディング力の強化

時間内にすべて解き終わること

常に平均以上のTOEICスコアを取れる実力があり、さらなる高みを目指していくレベルといえるでしょう。

なお、ある程度の実力がない場合にいきなり800点から狙うのは大変なので、そういった場合はまずは600点あたりを目標スコアとし、徐々に目標を上げていくようにするとモチベーションが維持しやすく、勉強を進めやすいですよ。

600点・700点を狙う勉強法は下記の記事にまとめてあるので、参考にしてみてくださいね。

TOEICスコア別勉強法:独学で履歴書に書ける600点を取る方法
600点は英語の基礎力がある場合にはリスニング力に注力するとスコアアップにつながります。なぜならTOEIC用のリスニング力はリーディング力と比べて伸ばしやすいからです。どうやって勉強したらよいか、リスニング勉強法に加え、独学で上手にスコアを伸ばせる方法を解説していきます。
TOEICスコア別勉強法:700点は苦手パートの克服が点数に直結
効率よく700点を取るコツは、足を引っ張る苦手パートを克服することです。実はパートによってスコアの上げやすさにかなりの差があります。複数の苦手パートがある場合は改善しやすいパートから取り組むようにしましょう。具体的には、パート2、パート5のスコアが上げやすく、逆にパート3、パート4、パート7はコツを知ってすぐどうこうできる部分は少な目です。

600点~700点を取れる基礎力がある上で800点以上を狙う場合には、注力したい点はリーディング力の強化です。

この点に重点をおき、効率よく点数を上げていくための対策をお伝えします。

模試を実施する

前回記事でも強調しているとおり、TOEICテストにおいては、模試の実施は非常に重要です。

独学で高得点を取ったという人は、ほぼ必ず、模試をやりこんでいます。

模試は苦手パートの発見、今の実力のチェック、集中力維持トレーニング、といった様々な用途に役立つ上、一度行った模試は、非常にコスパが良いリスニング教材になります!

何冊も模試を買うとそれなりに出費はかさんでいきますが、TOEIC高得点を得るための必要経費ととらえ、ここはケチらず投資していきましょう^^

おすすめの模試の本

オススメの模試の本としては、最初は公式問題集とヒロ前田先生の「至高の模試」です。

すでにTOEICを受けたことがある人はお持ちかもしれませんが、この辺りは、マストバイアイテムといえますね。

上記を解きおえた後は本屋さんで実際に手に取って気に入った模試の本を買っていくのも良いですし、アマゾンで評価を確認しながら購入するのもアリです。

現在よく売れているのは「新形式精選模試シリーズ」で、問題の品質の高さに定評があります。

リスニングパートとリーディングパートは別々に販売されているので、どちらか一方だけに注力したいときにも使えますよね。

800点以上の高得点ゾーンでは、そこまで品質にこだわだる必要はありません。

それよりも数多くの問題をこなすことを優先したほうが、点数アップにつなげていきやすいでしょう。

くま美
くま美

量をこなすのが大事なのね。

くまた
くまた

なんだかピアノとかの練習に似ているね。

コツコツがんばるのが大事なんだね。

じゅんこ
じゅんこ

たしかにそうかも。

TOEICテストの勉強を筋肉トレーニングに例える人もいるわ。

くま美
くま美

日々の頑張りが大事ってことね!

 

じゅんこ
じゅんこ

ええ。

あと模試を行うとき、ぜひ気を付けてほしい点があるの。

本番で100%の力を発揮できるかどうかにも関わる重要なポイントよ。

 

模試を行う時のポイント

家で模試を行う際、ぜひ気を付けてほしい2つのポイントがあります。

点数アップのスピードを左右するほどの重要な点なので、もし今実行していない場合には取り入れるようにしてくださいね。

2時間の間、模試に集中する

1つ目は本番と同じように2時間の間邪魔が入らない環境を準備することです。

TOEICテスト本番は2時間の集中力を維持する必要がありますが、これには日頃のトレーニングが必要です。

受験の記憶が残る学生時代ならまだしも、子育てや仕事など常に作業の中断を余技なくされる日常生活を送っている大人にとって、2時間の集中力の維持は、なかなかに困難です!

本番で力を発揮しきるために、模試の段階から集中力のトレーニングを行っていきましょう。

リーディングパートは時間配分を行う

2つ目のポイントは、リーディングパートで時間配分を行うことです。

リスニングパートは音声が流れてくるので解くスピードはコントロールできませんが、リーディングパートでは、自分で時間配分が可能です。

また800点以上の高得点を狙うのであれば、試験時間内にテストを解き終えることを目指していきたいところです。

そのために目安としてもらいたい各パートの回答時間の目安を紹介しますね。

パート問題の種類時間配分
パート5+パート620分
パート7長文1個問題25分
長文2個問題10分
長文3個問題20分
リーディングパート
合計
75分

ポイントは、パート5とパート6を出来る限り速めに解き、その分パート7に時間を残してあげることです。

もちろんこの通りの配分でなくても良いのですが、あまりにパート5とパート6で時間を取り過ぎると、パート7に必要な時間を確保できず、点数を上げにくくなってしまいます・・・。

模試の段階からこの時間配分で解いていけるよう、ペースを作っていきましょう。

パート5とパート6の文法問題が苦手、という場合にはTEX加藤先生の「TOEIC L&Rテスト文法問題でる1000問」がオススメです。

TEX加藤先生の膨大なTOEICの知識量が反映されており、TOEIC文法問題の問題集の中で一押しの本です。

高い品質の1000問(実際は1049問!)というすさまじい問題数をこなせば、文法問題を解くコツをしっかり身につけられるでしょう。

この本にはさらに1000問を並べ替えた別冊まで付いてきます。復習をしっかりできるように、という著者の想いが伝わってきますね。

でる1000問を使ってパート5・パート6の文法問題をスイスイ解けるようになって、パート7へ時間とエネルギーを集中できるようになっていきましょう。

リスニング力を伸ばす

リスニング対策には一度行った模試の音声が使えます。

ぜひ無駄なく使いまわしていきましょう^^

ただ聴くだけでも良いのですが、同じ音声を聴き続けるとどうしても飽きてしまい、内容が頭に残らなくなっていきます・・・

音読やリピーティング(繰り返し)、シャドーイング、ディクテーションといった方法を取り入れて、自分を飽きさせないように、上手に工夫をしていってくださいね。

やり方が分からない時には、リスニング力伸び悩みの解決法を記した記事に動画付きで解説しているので、参考にしてください。

TOEICリスニングは間違った勉強法だと伸び悩む!原因別解決法
TOEICのリスニング力は正しい勉強法を続ければどんどん上達します。ですが自分に合わない方法を続けても効果はなく、伸び悩んでしまいます。私自身リスニングが苦手でしたが、ある方法を取り入れてからTOEIC960点を取るまでになりました。今回は悩み別に正しいリスニング勉強法を紹介しますね。

また耳を鍛えると共に、問題を解く時には、「先読み」という方法を使っていきましょう。

TOEICパート3、パート4では設問部分のみ印字されているのですが、問題の音声が流れてくる前にこの設問を読んでおく方法を先読みといいます。

先読みを使うと流れてくる音声の内容を予測でき、回答を選ぶ際に非常に有利になります。

ただ、先読みを行うにはわずかな時間で設問文に目を通せるぐらいの高い読解力が必要となります。

リスニングといえどもリーディング力が必要とされるのです。

もし上手に先読みができないと感じたら、最初は無理せず、出来る範囲で取り入れてみてくださいね。

初級者向けの方法も含めて、詳しい先読みのやり方はパート3の解説記事で紹介しています。

TOEIC Part3攻略法:点数が上がる正しい先読みの方法
パート3からは事前に設問を読む「先読み」攻略法が有効ですが、先読みは難易度が高く、諸刃の剣となって点数を下げることにもなりかねません。今回は「正しい先読み法」と共に、「普通の先読みはむずかしい!」という人向けの方法を紹介しますね。

リーディング力を伸ばす

ここからは、TOEIC800点超えでぜひ力をいれていきたい部分となるリーディング力対策です。

リーディング力は模試を行うことでも鍛えられるのですが、ただ模試の頻度が1週間に1度程度で、さらに日常生活で英語を読む機会がないとなると、高得点を取るのに必要な英文読解量を確保できません。

リーディング力を上げたいなら、1日30分以上英語を読む習慣を付けるようにしましょう。

どんなものを読んだら良いのか、そして読み方のポイントを解説しますね。

リーディングの題材

リーディングの教材としては、好きなサイトや本を読むのがオススメです。

私は本を読むのが好きなので、朝の読書を通じてリーディング力を上げてきました。

ただそうはいっても英語を読むのは骨が折れ、最初は心理的抵抗やストレスを感じてきました。

それでも1ヵ月、3ヵ月と続けていくうち、徐々に読書を楽しめるようなってきました。

今では読まないと落ち着かないほど、朝の英語読書が習慣化しています。

もしあなたも「英語を読むのがしんどい」と感じるなら、最初はハードルを低く設定して、とにかく3週間続けることだけを目標にしてみてください。

おすすめの本としては、最初の一冊は “Who Moved My Cheese” です。

日本でも「チーズはどこへ消えた?」というタイトルで販売されヒットしたので、ご存知の方も多いかもしれません。

「変化への対応の重要性」というテーマのビジネス本ながら、おとぎ話風に書かれているので、深い内容のわりに英単語や英文法は易し目で大人の英語学習者にピッタリです。

ほかにも、“Rich Dad Poor Dad” 、邦題は「金持ち父さん貧乏父さん」なども読みやすくて良い本ですね。

英語力を上げつつ「お金の増やし方」も学べて、一石二鳥です^^

私はkindle版で読みましたが、kindle版は購入前にダウンロードして試し読みができる上、お値段も少し安く、また英単語を検索するときも便利ですよ。

英語での読書が習慣化するとTOEIC用のリーディング力が伸ばせるだけでなく、英文法力や英単語力など総合的な英語力を上げていけるので、本が好きな人にはぜひ「英語で読書習慣」をオススメしたいです。

ですが「本を読むのは好きではない」あるいは「TOEICの勉強だけに専念して効率よく点数を上げたい」という場合は、心を無にして、ひたすらパート7用の問題を解いていったほうが良いですね。

パート7用問題集として人気があるのは、ヒロ前田先生の本です。対話形式でパート7の傾向もつかめます。

またハッカーズ語学研究所から出ている模試の本も解きごたえがある良本です。

ハッカーズは韓国の会社です。問題の難易度が高いので初級者向けとは言えませんが、高得点狙いの人には腕ならしになりますね。

読み方のポイント

英語を日々読む習慣を身に着けるだけでも十分な効果はありますが、もしリーディング力が上がらないと感じる場合には、英文法力の理解や読み方に問題がある可能性があります。

これを改善していく解決策を教えますね。

ただ漫然と読み続けるよりも、上達速度がグッと上がります。

一度読んだ英文を復習をする

長文を読むときに行き詰まってしまう原因の一つは、実は英文法の理解不足です。

英文法は知識だけあると分かったつもりになってしまいがちですが、実はそれでは不十分です。

長文の中で使われるときには、英文法は教科書通りに使われるとは限りません。

特に関係代名詞や分詞構文など長文に頻出する文法は、文の中で省略されたり、あるいは分かりにくい場所に置かれていたりします。

こういった文法への理解を深めるには、模試や問題集を解いた後の復習が大事になってきます。

問題を解いたあと答え合わせをして終わりではなく、分からなかった英文があれば、文の区切れ目や構造がはっきりと読み取れるまで解説文を読み込んでいきましょう。

出来れば時間を空けて同じ問題をもう一度解くようにすると、実践での英文法の知識が定着していきますよ。

英語を英語のまま理解する

英文を読むときに行き詰まる理由としてもう1つ挙げられるのは、英語を英語のまま理解しようとしないことです。

TOEICを全てを解きおえるためには1分間に150文字以上の読む速度が必要だと言われています。

英語を頭の中できちんと日本語に訳していたのでは、到底追いつきません。

最終的には英語を英語のまま理解することを目指していきましょう。

そのために、まずは日々英文を読む際「頭の中でキレイな日本語に変換しない」「英語を語順通り前から後ろに読んでいく」という2点に注意してみてください。

言葉にすると簡単ですが、長年日本語に訳しながら読むクセがついていると、なかなか読み方を変えられなかったりします。

そんな場合には、スラッシュを入れながら強制的に読み方を変える方法を試してみてくださいね。

返り読みをやめれば英語を速く読み解くことができる
くま美 英語の長文読解って、なかなか速く読めないのよね。 じゅんこ くまみさん、返り読みをしているんじゃない? くま美 かえりよみ? ...
くま美
くま美

英語をたくさん読むのはなかなか大変そうね。

じゅんこ
じゅんこ

TOEICテストで高得点を取るためには避けて通れないのよね。

でも毎日英語を読んでいけば、慣れていくわ。

くま美
くま美

そうね。

大変に感じるのは、それだけ英語を読み慣れていないってことよね。

まずは慣れるところから、がんばるわ!

じゅんこ
じゅんこ

そう、まずは英語を読む習慣をつけるところから。

読むのに慣れていけば、リーディング力は上げていけるわ。

まとめ

今回はTOEIC800点を取るための勉強法を解説しました。

■TOEIC800点は英語使って業務を遂行できる高い英語力が期待されるスコア

■TOEIC受験者全体の10%程度に該当する

■リーディング力アップに力を入れると効率よくスコアを上げることができる

具体的な勉強法は次のとおり

ー数多く模試を行う

ー一度行った模試はリスニングの練習教材として使用する

ーリーディング力を上げるには毎日30分以上英語を読む習慣をもつ

ー英文を読む際には英語を英語のまま理解することを目指す

リーディング力アップという難関を突破して、TOEIC800点という英語力を一瞬で証明できる高スコアを手に入れましょう!

TOEIC目標スコア別勉強法くまたと学ぶ英語とTOEIC
【プレゼント】英語が速く読める
TOEICを時間内に解きおえて
目標スコアを最短距離で 獲得しましょう!


TOEICで高得点を取れるかは英語を速く読めるかどうか。
読解力を上げるには3つの力が必要です。
この3つの力を解説したレポートと、読解力を上げるフォローアップ動画をプレゼントします。

詳しく見る

【プレゼント】
英語が速く読める

TOEICを時間内に解きおえて
目標スコアを最短距離で 獲得しましょう!


詳しく見る

TOEICで高得点を取れるかは
英語を速く読めるかどうか。
読解力を上げるには3つの力が必要です。
この3つの力を解説したレポートと、読解力を上げるフォローアップ動画を プレゼントします。
\シェアはこちらから♪/

\Twitter発信中。フォローして下さいね♪/

\Twitter発信中。フォローして下さいね♪/

\Line@はじめました♪/
友だち追加
くまた英語~仕事を変える英語力を

コメント