返り読みをやめれば英語を速く読み解くことができる

TOEIC・英語根本対策
この記事を書いた人
加藤 じゅんこ

次女出産後に死を意識したことがきっかけで、独学で英語をやり直す。TOEIC960点・英検1級を取得して独立。英語講師と海外企業の日本窓口に。【NHK基礎英語2】にインタビュー記事掲載される。信念は「英語で働き方は変わる!」
詳しいプロフィールはこちらをクリック

Twitterつぶやき中。フォローよろしくお願いします^^
くま美
くま美

英語の長文読解って、なかなか速く読めないのよね。

じゅんこ
じゅんこ

くまみさん、返り読みをしているんじゃない?

くま美
くま美

かえりよみ?

くまた
くまた

なにそれ?

じゅんこ
じゅんこ

英語を後ろから前に戻って読むことよ。

くま美
くま美

そうねぇ。長い文章の時にはやっているかもしれないわ。

じゅんこ
じゅんこ

今すぐやめたほうがいいわ。

返り読みをしている限り、絶対に英語は速く読めないわ!

くま美
くま美

ええっ!!

返り読みをしているうちは、どんなに頑張っても英語を速く読み進めることができません。

返り読みをしながら英語を速く読もうとするのは、いってみれば、ブレーキを踏みながらアクセルを踏むようなものなのです。

もし「返り読みをしているかも」という場合は、まず返り読みとその弊害についてしっかり理解してください。そして出来るだけ速く、この読み方のクセを修正することをオススメします。

返り読みをせず英語を語順通り理解できるようになれば、あなたの英語の読解力は大きくアップしていきますよ。

返り読みとは

返り読みとは英語を後ろから前に読んでいくことです。

例と共に説明しますね。

返り読みの読み方

たとえば次の文章があったとします。

Hello. I’m calling about a coffee machine I purchased from your Web site.

この文章を読む際、後ろから前に戻りながら読んでいくことを「返り読み」といいます。イメージで表すと、このような感じです。

【返り読みイメージ図】

【日本語訳】

こんにちは。そちらのウェブサイトで購入したコーヒーマシーンの件でご連絡しています。

返り読みのクセはなぜ身に付くの?

各学校によって違いはあるものの、概して日本の英語の授業では、日本語として分かりやすく意味が通じるように英語を訳すことに重点が置かれてきました。

テストでは「次の文章を日本語にしなさい」といった問題が必ず出ます。

そこで英語を「キレイに日本語に訳そう」としていくうちに、つい返り読みのクセが身についてしまう人は一定数います。

なぜかというと、キレイな日本語にするには、英語を日本語の語順に変換してから理解していく必要があるためです。

日本語と英語は語順が異なりますよね。

日本語は主語のあとに目的語などがきて、最後に動詞がきます。一方英語は主語のすぐ後に動詞があり、そのあとに目的語などがきます。

英文を英語の語順のまま日本語にしようとすると「私は 買った 新しいカバンを」などとなってしまい、日本語として不自然です。

英語をキレイな日本語にするには、語順を入れ替えてあげる必要がでてくるのです。

このように語順を入れ替えるために英文を後ろから前に戻って読んでいくうちに、返り読みのクセがついていってしまいます。

短い文章では問題ないものの「長い文章になるとつい無意識のうちに返り読みをしてしまう」という人もいますね。

返り読みの弊害

返り読みをしてキレイに訳せば、英文和訳のテストでは良い点数を取ることができます。

ですが英語の語順をわざわざ入れ替えて読んでいるため、英語を読むスピードは遅くなってしまいます。

また返り読みをしていると、リスニング力も身に付きません。

というのもリスニングでは英語を後ろから前に戻って理解することができないので、英語をそのままの語順で理解する力が必要になってくるためです。

さらに言うと、語順というのは思考回路ともつながっているものなので、英語を英語のままの語順で理解できないとなれば、英語の思考回路そのものが身に付きません。

ということは、英語で話す際にも、かなり不利になってしまいますよね。

返り読みは、英語力そのものの上達を妨げる非常にキケンな習慣なのです。

英語を最も速く正確に理解できる読み方は、当然ながら、英語を英語のまま理解することです。

そのためには、まずは英語は英語のままの語順で理解する必要があります。

英語を後ろから前に戻りながら読んでしまっている場合は、今すぐ、このクセをなおしたほうが良いでしょう。

くまた
くまた

返り読み・・・コワイね!

学校での勉強ってキケンなんだね。

くま美
くま美

返り読みを続けている限り、英語力が伸びないってことね。

じゅんこ
じゅんこ

あまり学校教育を悪く言いたくないのだけど。

ただ、英語をキレイに訳す練習は必要ないのでは、と感じるわ。

くま美
くま美

一度ついてしまったクセは直せるのかしら。

じゅんこ
じゅんこ

もちろんよ!

これから、その方法を説明するわね。

返り読みの直し方

返り読みは、しないように意識するだけでもだいぶ改善されますが、「意識しただけではなかなか直せない」という場合には、次の方法を試してみてくださいね。

スラッシュをいれる

英文を読む際、スラッシュをいれながら読んでいくと、返り読みをするのを防ぐことができます。

たとえば最初にお見せした文章であれば、次のようにスラッシュをいれると良いでしょう。

【スラッシュを入れた文】

Hello. I’m calling /about a coffee machine /I purchased from your Web site.

【日本語訳】

こんにちは。私は電話しています / コーヒーマシーンの件で / 私があなたのウェブサイトで購入した。

日本語にすると不自然ですが、英語としてはこのように解釈していくほうが自然です。

スラッシュをいれて塊ごとに英語を理解していくことに慣れていったら、徐々にスラッシュを入れる場所を減らしていきましょう。

英語をそのままの語順で読めるようになったら、少しずつ英語を日本語にせず、英語のまま理解するようにしていけると良いですね。

スラッシュの入れ方に困ったら

スラッシュの入れ方が良く分からない、という場合には、英語を構成要素ごとに区切る、というふうに意識してみてください。

このときに役にたつのが「5文型」です。

英語は文の長さに関わらず、この5つの文型のどれかで文章が作られています。

文型構造
第1文型主語+動詞
(S+V)
SはVする
She works.
「彼女は働く。」
第2文型主語+動詞+補語
(S+V+C)
SはCである

She is happy.
「彼女は幸せだ。」
*S=Cとなります。
動詞はBe動詞やbecome, lookなど、わりと限られています。
第3文型主語+動詞+目的語
(S+V+O)
SはOをVする
She buys a present.
「彼女はプレゼントを買う。」
第4文型主語+動詞+目的語+目的語
(S+V+O1+O2)
SはO1にO2をVする
She gives me a present.
「彼女は私にプレゼントを与える。」
第5文型主語+動詞+目的語+補語
(S+V+O+C)
SはOをCにする
SはOがCだとVする

She makes me happy.
「彼女は私を幸せにする。」
*O=Cとなります。

文章を区切る時は、「主語」「動詞」「目的語」といった要素ごとに区切っていくと、理解がしやすくなります。

ただ、一文が長いと区切れ目をいれるのがむずかしくなります。

そういった時には「前置詞の前」「関係代名詞の前」「不定詞の前」「That節の前」「分詞構文の前」の5か所で区切るようにしてみてください。

文章を理解する際に区切れ目となることが多い部分なので、ここで区切ると理解がしやすくなりますよ。

例をお見せしますね。

【元の文】

Could you send me the correct paints, along with additional samples that are close in color to No. 100?

【スラッシュをいれた文】

Could you send me /the correct paints /along with additional samples / that are close in color to Model No. 100?

【日本語訳】

私に送ってくれませんか /正しいペンキを /追加サンプルと一緒に /モデル番号100番に近いもので。

上記の文章では目的語の前、前置詞の前、そして関係代名詞の前でスラッシュをいれてみましたが、すっきりと理解できるようになりましたよね。

スラッシュをいれる場所は特に正解はないので、違う場所であっても問題ありません。

大事なのは、英文を正しく理解できていること、そして英語をそのままの語順で読んでいけることの2点です。

くま美
くま美

なるほど!

スラッシュをいれるのね。

くまた
くまた

なんだか英文が分かりやすくなるね。

じゅんこ
じゅんこ

慣れてくると実際にスラッシュを入れなくても大丈夫になるわ。

頭の中で、自然にスラッシュを入れられるようになってくるの。

くま美
くま美

文章の中で、どこが区切れ目か分かるようになるってことね。

そうしたら、英語を読むのが速くなっていきそうね。

じゅんこ
じゅんこ

そういうこと!

まとめ

今回は返り読みとその直し方についてお伝えしました。

■返り読みは英文を後ろから前に戻りながら理解することである

■返り読みのクセがついていると英語力が伸び悩む

■スラッシュを入れながら読むと英語をそのままの語順で読みやすくなる

■スラッシュをいれる場所に悩んだら、次のポイントを意識する

ー5文型に沿って、主語、動詞、目的語など構成要素ごとにスラッシュをいれる

ー「前置詞」「関係代名詞」「不定詞」「That節」「分詞構文」の前で区切る

今までの読み方のクセを変えるのは最初は大変かもしれません。ですが毎日30分~1時間返り読みをせずに英語を読む練習を続けていけば、効果が見えてきます。

これからどんどん英語力を伸ばしていくために、ぜひ英語をそのままの語順で理解できるようになっていきましょう!

TOEIC・英語根本対策くまたと学ぶ英語とTOEIC長文問題の勉強法
【プレゼント】英語が速く読める
TOEICを時間内に解きおえて
目標スコアを最短距離で 獲得しましょう!


TOEICで高得点を取れるかは英語を速く読めるかどうか。
読解力を上げるには3つの力が必要です。
この3つの力を解説したレポートと、読解力を上げるフォローアップ動画をプレゼントします。

詳しく見る

【プレゼント】
英語が速く読める

TOEICを時間内に解きおえて
目標スコアを最短距離で 獲得しましょう!


詳しく見る

TOEICで高得点を取れるかは
英語を速く読めるかどうか。
読解力を上げるには3つの力が必要です。
この3つの力を解説したレポートと、読解力を上げるフォローアップ動画を プレゼントします。
\シェアはこちらから♪/

\Twitter発信中。フォローして下さいね♪/

\Twitter発信中。フォローして下さいね♪/

\Line@はじめました♪/
友だち追加
くまた英語~仕事を変える英語力を

コメント