TOEIC未受験や点数が低くても履歴書で英語力をアピールする方法

TOEICと再就職・転職
この記事を書いた人
加藤 じゅんこ

次女出産後に死を意識したことがきっかけで、独学で英語をやり直す。TOEIC960点・英検1級を取得して独立。英語講師と海外企業の日本窓口に。【NHK基礎英語2】にインタビュー記事掲載される。信念は「英語で働き方は変わる!」
詳しいプロフィールはこちらをクリック

Twitterつぶやき中。フォローよろしくお願いします^^
くま美
くま美

やっぱりTOEICをちゃんと受けておかなきゃ、履歴書に英語力をアピールできないわよね。

じゅんこ
じゅんこ

もちろん、ちゃんとTOEICテストを受けておくほうがいいわね。

でも、たとえTOEIC未受験でも、履歴書で英語力を伝える方法はあるわ。

くま美
くま美

えっ、どんな方法!?

早く教えて!

くまた
くまた

お母さん・・・すっごく嬉しそうだね。

履歴書に書けるTOEICのスコアは、一般的にTOEIC600点以上とされており、職種によっては、さらに高いスコアが求められます。

この基準値に達しなかったり、TOEICを受けていない場合には、どんなふうに履歴書で英語力をアピールしていいか、悩んでしまいますよね。

また、以前受けたTOEICテストでは基準値を満たしていたのに、最新のテスト結果では点数が下がってしまったときなども、履歴書への書き方がむずかしいところです。

今回は、TOEIC未受験の場合や点数が低い時にも使える履歴書での英語力の伝え方を紹介します。

履歴書に書けるTOEICスコアは600点以上

まずは履歴書に書くことができるTOEICスコアについて、もう少し詳しくお伝えします。

募集要項に「TOEIC○○点以上」と明記されている場合には、この点数が履歴書に書けるTOEICスコアの基準となります。

特に書かれていない場合、一般的には履歴書に書けるTOEICスコアは600点以上とされています。

ですが実は「何点以下のスコアは書いてはいけない」という規則はありません。

なぜこのような暗黙のルールがあるかといえば、TOEIC受験者の平均スコアがおよそ550点~600点であるためです。

2019年5月現在、最近のTOEICスコアの平均点は次のとおりです。回によって多少のばらつきはあるものの、大体580点前後が平均点となっていますね。

実施回平均スコア
第238回(2019年3月)579.2
第237回(2019年1月)578.4
第236回(2018年12月)582.8
第235回(2018年11月)586.5
第234回(2018年10月)599.5
第233回(2018年9月)571.5

上記の表は下記サイトのデータを元に作成

国際ビジネスコミュニケーション協会サイト「公開テスト 平均スコア・スコア分布 一覧

履歴書にTOEICのスコアを書くのは英語力があることを伝えるためです。平均よりも低い点数を書いても本来の目的が果たせませんよね。

このためTOEICのスコアを履歴書に書くのであれば、600点以上とするのが一般的になっています。

とはいっても、これは規則ではないので「580点」など600点に近い点数であれば、履歴書に書いておいたほうがよいでしょう。

もし英語力をしっかりアピールしたい場合は、こちらの記事でも紹介しているとおり、TOEIC700点以上を取っておくほうが良いですね。

主婦が英語力を武器に再就職:狙い目の職種とTOEICスコア目安
強い実務経験がなく、再就職・転職活動で英語力をアピールしたい場合には、TOEIC高得点という資格が役立ちます。ただブランクのある主婦の再就職や中高年の転職は条件的に不利です。TOEICだけでなく次の3つのポイントを押さえて就職活動を成功させましょう。

点数が下がっても、最新のTOEICスコアを履歴書に書く必要はない

くまた
くまた

600点未満はあまり書かないほうが良いのは分かったけど。

でも、もし何度かTOEICテストを受けて、点数が下がったらどうなるの?

前は600点超えていたけど、今回は500点になっちゃったりとか。

それでも、一番新しいテスト結果が正しいことになるの?

くま美
くま美

それは、そうじゃない?

点数が落ちてしまったとしても、やっぱり、最新のスコアを書かなきゃいけないじゃないかしら。

わざわざ古いほうを書いたら、ズルをしたことになると思うわ。

じゅんこ
じゅんこ

くま美さん!

履歴書は就職活動を成功させるための武器よ。

正しい書き方も大事だけど、それだけじゃなくて、もっと自分に有利になるように履歴書を工夫していきましょう。

もし最近受けたTOEICの得点が以前より下がってしまった場合には、あえて最新のTOEICテスト結果を書かず古いテスト結果を書くというのも、戦略のひとつです。

ただ、いかに高いTOEICスコアでも10年前に受けた試験結果を履歴書に書くより、最近の結果を書いておいたほうが印象が良い場合もありますよね。

私の意見としては、2年前程度であれば、最新のスコアではなく最高のスコアを記載したほうが良いでしょう。

それよりも古い場合であったとしても、最新のスコアと古いスコアに大きな開きがあるなら、古いスコアを使ったほうが有利かもしれません。

このあたりは、実際の募集要項に応じて考えていくのが得策です。

たとえば応募する会社に「TOEIC700点以上」という条件があり、「以前はこの点数を超えていたけれど、最近のテスト結果では下がってしまった」という場合には、以前の点数を書くことをおすすめします。

履歴書は面接にすすむための突破口です。

ここで先に進めなければ、就職活動が失敗に終わってしまいます。

募集要項をしっかり読んで、あなたの英語力を上手にアピールできる書き方を工夫していきましょう。

TOEIC未受験でも英語力をアピールする履歴書の書き方

ここからは、履歴書や職務経歴書への具体的な記入の仕方を説明します。

まずは通常のTOEICスコアの書き方を紹介しますね。

TOEICスコアの履歴書への書き方

履歴書に書くTOEIC Listening & Readingテストの名称はTOEIC公開テストで大丈夫です。

資格の日付は、TOEICテストを受験した日を書きます。

具体的には、履歴書の資格・免許欄にこのように書いていきます。

【TOEICスコアの履歴書への書き方例】

TOEIC未受験でも勉強中であることを履歴書に書く方法

一般的に受験予定の資格を履歴書に記入する際は「〇〇の資格取得に向け勉強中」という書き方をします。

TOEICテスト受験予定の場合は、TOEICは点数制であるため、次のように書くことができます。

【TOEIC未受験の場合の履歴書への記入例】

■TOEIC700点を目指して勉強中です。

■6月にTOEIC公開テスト受験予定です。

こういった書き方は、募集要項に「TOEIC〇〇点以上」と明記されている場合にはおすすめできませんが、「英語力があれば尚可」といったような求人であれば、印象が良くなる可能性があります。

じゅんこ
じゅんこ

こういうふうに書くには、実際にTOEICに申し込んで勉強していることが前提よ。

中には受験する気がないのに受験予定と言ったり、TOEICの点数をごまかしちゃう人もいるみたいだけど。

くまた
くまた

えっ!

そんなことしてバレないの!?

くま美
くま美

なんだかこわいわ。

私はやりたくないわね。

じゅんこ
じゅんこ

くま美さんは、そんな卑怯なこと絶対しないと思うわ。

ただ嘘をついたとしても、そのときはバレないかもね。

くまた
くまた

へぇ、じゃあ、嘘ついちゃったほうが得なんだね!

くま美
くま美

くまた!

じゅんこ
じゅんこ

でも後で嘘がばれたら、一気に信頼がなくなっちゃうわよね。

せっかく採用されたとしても働きにくくなっちゃうし。

くま美
くま美

そうよ。

絶対にウソはつかないほうがいいわよ!

くまた
くまた

わかってるよ。

くま美
くま美

でも先生・・・テストを受験予定って書くのもいいけれど、他にも方法ってないのかしら。

これから受ける予定ですっていうだけじゃ、ウソはついていなくても、ちょっと怪しい感じがするし。

じゅんこ
じゅんこ

そうよね。

TOEICを受けていない場合の英語力の伝え方、もう少し紹介するわ。

組み合わせて使ってみてね。

TOEIC未受験でも英語力をアピールする方法

では、TOEIC以外にどんなふうに英語力や英語への関心の高さを伝えることができるのか、見ていきましょう。

最も有力な方法は「職務経歴書」実務で英語を使った経験を具体的に書くことです。

転職活動においては即戦力が重視されるため、ただ資格があるより、実務経験を持つ人のほうが優遇される傾向があります。

たとえ簡単なメールのやりとりであっても、仕事上で行っていたという経験があれば、職務経歴書に書いていきましょう。

【英語を使った実務経験記入例】

アジア圏の担当者と英語でメールのやりとりを行う。

辞書や翻訳サイトを利用し、英語でメールのやりとりが可能。

実務経験がない場合には、プライベートの英語学習経験も使えます。

英会話学校に通ったことや1年未満の短期留学経験なども履歴書に書けますが、正式な学歴とはならないので、自己PRや特技欄に書くようにしましょう。

また、実務経験と比べるとプライベートでの勉強はアピール力は弱いので、具体的にどんな経験をしたか、それにより、どんな英語力を得られたかも書いておくことをおすすめします。

【短期留学経験記入例】

2014年4月 〇〇大学付属語学学校 語学留学(3カ月)

留学中、現地の友人と英語で意思疎通をはかったり、教会のボランティア活動に参加しました。簡単な単語で言いたいことが伝えられる程度の日常英会話力が身につきました。

実務で英語を使っていた場合と比べ効果は低いものの、先ほどのTOEICを勉強中であることと組み合わせて書いたりすれば、英語への意欲を伝えられます。

なお、もしも「これは書いたほうがいいのかな」と悩むことがあったら、募集要項を確認してみましょう。

どんなふうに判断していいのか、実際にあった募集要項の一部を例にとって説明しますね。

募集要項抜粋例①

「英語好きな人歓迎」

こちらは、それほど高い英語レベルは求められていなそうですね。あまり本格的ではない英語学習経験でも履歴書にいれておいたほうが良さそうだと判断できます。

もうひとつ、例を見てみます。

募集要項抜粋例②

「仕事内容:社内スタッフとの電話やメール対応などを英語でして頂きます。」

こちらは社内でのやり取りなので、ビジネスレベルとまでいかなくとも、ある程度コミュニケーションが取れる英語レベルが求められています。

実務経験がない場合は、「日常会話は可能な英語レベル」と入れたり、話したり書いたりできる英語レベルが伝わるような留学経験などを入れると良い印象をもってもらえそうですよね。

こんなふうに、書いたほうがよいことは求人によって変わってきます。

採用側がどんな人を求めているかも各求人の募集要項から推測できたりするので、ぜひ、しっかり読んでおくことをおすすめします。

最後に、英検や他の英語の資格がある場合には、これらの資格のことも忘れずに履歴書に書いておいてくださいね。こちらについては、また別の記事で説明します。

まとめ

今回はTOEIC未受験や、点数が低い場合にも使える履歴書での英語力の書き方を紹介しました。

次のポイントを参考にしてみてくださいね。

■履歴書に書くTOEICスコアは600点以上を目安とする。
■TOEICスコアは最新のものを書く必要はない。

■TOEICテストのために勉強中であることも履歴書に書ける。

■TOEIC未受験の場合には、実務経験やプライベートの経験で英語力をアピールする。

■他の英語試験を受けている場合には、忘れずに書いておく。

色々なアピール方法がありますが、TOEIC高得点や実務経験がない場合には、ひとつひとつの効果は弱いかもしれません。ただ、組み合わせて書いていくことで、あなたの強みが伝わる履歴書が作れます。ぜひ、工夫してみてくださいね。

 

英語以外でも応募する仕事と関係する実務経験があれば、競争力が一気に高まります!

たとえ「大した実務経験がない・・・」と感じていても、実務経験を伝えられるよう工夫してみましょう。

条件的に不利な再就職の場合の対策は、こちらの記事をどうぞ。

主婦が英語力を武器に再就職:狙い目の職種とTOEICスコア目安
強い実務経験がなく、再就職・転職活動で英語力をアピールしたい場合には、TOEIC高得点という資格が役立ちます。ただブランクのある主婦の再就職や中高年の転職は条件的に不利です。TOEICだけでなく次の3つのポイントを押さえて就職活動を成功させましょう。

コメント