TOEICで転職が有利になる仕事はこれだ。スコア別おすすめの職種

TOEICと再就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク
サイト運営者
junko

英語で人生を変えた二児の母。
次女出産後に「とにかく続けるっ!」と取り組んだ孤独なやり直し英語でついに英語力をつけ、TOEIC960点・英検1級取得。独立して英語講師と海外企業の日本窓口に。
詳しくはこちらをお読みください♪

Twitterつぶやき中。フォローよろしくお願いします^^
くま美
くま美

TOEICがあると有利になる仕事って、どんなものがあるのかしら。

くまた
くまた

通訳とか、英語を使う仕事じゃないの?

あとは外国に物を売る会社かな。

じゅんこ
じゅんこ

貿易ね。たしかにそうだけど、実はもっと色々あるの。

意外なお仕事もあるわよ。

くまた
くまた

へぇ、知りたいな!

TOEICスコアがあると転職が有利になる仕事をスコア別に紹介します。

求人によってはTOEICスコアだけではなく英語を話す力も求められますが、そのあたりもお伝えしていきますね。

TOEICスコアを上手に使って、あなたの就職活動を成功させましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

使用した転職サイト紹介

はじめに、今回の調査のために利用した転職サイトと特徴を紹介します。

転職
サイト
サービスの特徴TOEICスコアが必要な掲載情報の傾向
マイナビ国内求人検索のメジャーサイトTOEICスコア500~800点代を目安とする求人がある。英語をしっかり使用するとなると700~800点代の案件が多い。
enウィメンズワーク女性求人に特化したサイトTOEIC600点・700点あたりを条件とする求人が多い。英語を使う仕事としては秘書・アシスタント業務・事務職などサポート的な求人が多め。
indeedオンライン上の求人情報が集結するサイト条件や職種は幅広い。業務委託の仕事もあり、個人事業主として仕事をしたい人にも良い。

上記以外にも、とらばーゆ・リクナビなどを確認しておりますが、【求める求人スキル=TOEICスコア】でフィルタをかけられなかったり、英語を使用する仕事が十分なかったりといった理由により、参考とした割合は少な目です。

TOEICスコア目安と仕事

それではTOEICで有利になる仕事を見ていきましょう。

まずは求めるTOEICスコアが500点代の求人から。

TOEICスコア500点代

【仕事例】

  • 受付
  • 空港スタッフ
  • 営業アシスタント

【このレベルの英語力の表現例】

「TOEICスコアをお持ちの方」

このあたりは「英語を使う機会もある」「英語力もあったほうが良い」といったレベルのお仕事になります。

高い英語力が求められているわけではないのでTOEIC高スコアがあっても、ものすごく有利になる可能性は低いでしょう。

TOEICスコア600点代

【仕事例】

  • サポートスタッフ(英語メール対応)
  • 貿易事務
  • エンジニア
  • 国内営業

【このレベルの英語力の表現例】

「日常英会話レベル」と書かれることもあります。ただ日常英会話レベルが示す範囲は広いので、募集要項をよく確認しておくほうが良いでしょう。

TOEIC600点自体は平均か平均より少し上のレベルなので、それほど高い英語力が期待されている仕事ではありません。

もちろんスコアも見てもらえますが、英語力だけではなく専門分野での経験やスキルが重視される可能性が高いです。

TOEICスコア700点代

【仕事例】

  • 海外営業
  • 留学カウンセラー
  • 学校・幼稚園の補助スタッフ
  • 英文事務

【このレベルの英語力の表現例】

「日常英会話レベル」「ビジネスレベルの英語力」

500点代、600点代と比較すると、コミュニケーションが可能な高い英語力を要する仕事が増えてきますよね。

英語を仕事に使いたい、という方にはこのレベルから挑戦していくことをオススメします。

実務を通してさらに「英語力をのばす」ことができる仕事です。

ただTOEICスコアだけではなく「話す力」がなければ、面接の突破がむずかしい仕事もあります。

募集要項をチェックして、そのあたりの対策も準備しておいたほうが良いでしょう。

TOEICスコア800点代

【仕事例】

  • 英語のパーソナルトレーナー
  • 英語講師
  • 秘書
  • 海外企業の窓口

【このレベルの英語力の表現例】

「ビジネスレベルの英語力」

800点代となると、英語を教える立場になれる高スコアです。

全体的に700点代以上に高い英語のアウトプット(話す・書く)力が必要になってきます。

TOEICスコアと見合うほどアウトプット力がないと感じる場合には、オンライン英会話などを使って就職活動前に英語のスピーキング力を鍛えておくのも手。

人と接する割合が高い仕事も多いので、英語力だけではなく高いコミュニケーションスキルも必要となってきます。

TOEICスコア900点代

【仕事例】

  • 通訳
  • 英語講師

【このレベルの英語力の表現例】

特に明記されることは少ないですが「英語のスペシャリスト」と評価されるレベルです。

900点代を条件としているところは圧倒的に少ないです。

通訳や翻訳といった英語のスペシャリストの求人で、このスコアが目安とされる場合もあります。

高い英語力を求めている会社であれば、これだけのハイスコアは有利に働くでしょう。

くま美
くま美

持っているTOEICスコアによって、応募できる職種が変わるのね。

じゅんこ
じゅんこ

ええ。

TOEICスコアは【足切り】としても使われているけれど、800点以上のスコアがあれば足切りにあう可能性は低いわね。

くまた
くまた

800点を持っている人って、英語をすごく頑張った人なんだよね。

くま美
くま美

そうよね。

TOEICスコアと一緒に英語への情熱もアピールしたら、就職活動も有利になりそうね!

じゅんこ
じゅんこ

うーん。それは・・・

逆効果になるかもしれないわ。

くまた
くまた

え、そうなの!?

くま美
くま美

どうして!?

じゅんこ
じゅんこ

それは、英語にしか興味がないって思われちゃうから。

ぜひ注意してもらいたい点だから、詳しく説明していくわね

就職活動を有利に進めるための注意点

ここからは就職活動を上手に進めるために、ぜひ注意したほうが良いをお伝えしますね。

英語への情熱のアピールしすぎに注意

まず最初は、英語アピールはほどほどにという点です。

TOEIC高得点を取る人の中には「ぜひ英語を使った仕事に就きたい!」「英語力をもっとのばしたい」と思う人もいます。

向上心を伝えることはもちろん素晴らしいことですよね。

ただ、「英語」だけをアピールしすぎると、時として逆効果になることもあることも。

「通訳」や「翻訳」といった英語のスペシャリストとしての仕事は別として、通常の事務職などの場合には、英語力というものはあくまで役立つツールのひとつという位置づけでしかありません。

いってみればパソコンのスキルなどと同じ。

就職活動の際には情熱は英語ではなく、仕事内容そのものに見せておくようにしましょう。

そのほうが良い印象を与えられます^^

TOEICだけに頼りすぎない

もうひとつの注意点は、TOEICの点数だけに頼り過ぎると危険ということ。

TOEIC高得点は武器として使えますが、ただそれだけではやや弱いです。

特に30代後半・40代からの転職・再就職活動の場合には、若い人よりも条件的に不利になってしまいます。

これまでの経験や持っている資格も上手に使っていきましょう。

なおTOEICと共にアピールしやすい資格・スキル・経験としては、次のようなものが挙げられます。

  • プログラミング
  • 簿記(2級・3級)
  • PCスキル(エクセル関数など)
  • 貿易事務経験
  • 営業経験

職種によっては他にも色々な経験・スキルが役立ちます。

もし特にアピールできるものがない、あるいはブランクが空いてしまったという場合には、主婦の再就職活動成功について説明した記事でご紹介した通り、次の3つのポイントを意識してみてください。

① 柔軟な勤務時間をアピール
② TOEICプラスアルファの武器のアピール
③ 面接で熱意を見せる

意外と③の熱意が重要であったりします^^

どのようにアピールしたらよいのかご興味あれば、記事を読んでみてくださいね。

まとめ

今回はTOEICスコアが活かせる職種とスコアの目安、そして注意点をお伝えしてきました。

■TOEICスコアを求める求人はTOEIC500点代からある。

■英語力を活かせる求人はTOEIC700点代からが多い。

■TOEIC800点からは英語を話す・書くといったアウトプット力も重要

■就職活動の際に英語へのこだわりばかりを示すと危険

■TOEICと共にこれまでの経験・スキル・資格もアピールしていくとよい。

希望の職種に応じたTOEICスコアを取っておけば、足切りにあう危険はないでしょう。

TOEICスコアに加えて、これまでのスキルや経験を上手にアピールして、就職活動を有利に進めていってください。

この辺りの記事も就職活動に役立ちます!

コメント