有効期限はない!TOEICスコア期限2年の真相と証明書再発行手順

TOEICと再就職・転職
この記事を書いた人
加藤 じゅんこ

次女出産後に死を意識したことがきっかけで、独学で英語をやり直す。TOEIC960点・英検1級を取得して独立。英語講師と海外企業の日本窓口に。【NHK基礎英語2】にインタビュー記事掲載される。信念は「英語で働き方は変わる!」
詳しいプロフィールはこちらをクリック

Twitterつぶやき中。フォローよろしくお願いします^^
くま美
くま美

履歴書に書けるTOEICのスコアには有効期限があるって聞いたんだけど。

くまた
くまた

えっ、そうなの!?

くま美
くま美

期限内に就職活動がうまくいかなければ、またTOEICテストを受けなきゃいけないってことよね。

じゅんこ
じゅんこ

くま美さん、心配しないで。

古いTOEICスコアを履歴書に書いちゃだめって決まりはないのよ。

TOEICスコアには有効期限があると言われたりしますが、実は期限などありません。

こんな誤解をされる理由は、スコアの証明書を再発行してくれる期限が受験後2年以内であるためです。

とはいっても、2年以上古いTOEICテスト結果を本当に履歴書に書いていいのか、また書く場合にはどんなふうに書いていいのか不安が残りますよね。

今回はTOEICスコアの有効期限の真相と、実際にスコアの証明書を再発行してくれる手順について見ていきます。

TOEICスコア有効期限2年説の真相

TOEICのスコアには有効期限はありません。

ただTOEICテストの運営団体である国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)がTOEICスコア証明書を発行してくれるのは、受験から2年以内です。

IIBCのサイトにも、このように書かれています。

公式認定証は再発行できますか?スコアに有効期限はできますか。
試験日から2年以内の再発行が可能です。インターネットまたは郵送で手続きをしてください。スコアに有効期限はありません。

参照元:国際ビジネスコミュニケーション協会「TOEIC Listening & Reading Test よくある質問

会社によってはTOEICのスコアと共にこの証明書の提出を求める場合があるため、TOEICの有効期限が2年間という説が広まっていったのだろうと推測されます。

新卒ではなく再就職や転職の場合は、最後にTOEICテストを受けたのが2年以上前ということも珍しくありません。募集要項に明記されていない限りTOEICスコアの有効期限はないので、古いスコアでも履歴書に書いて大丈夫です。

とはいっても、実際に古いTOEICスコアを履歴書に書くよりも、最近のスコアのほうが良い印象を伝えられますよね。

こういった不利な状況を打破するためには、古いTOEICスコアを履歴書に書く際「最近も英語に力をいれている」ことをアピールできる情報も入れておくと良いでしょう。

たとえば業務で英語を使っている経験があれば、職務経歴書に書くことができます。

【英語を使った実務経験記入例】

オンラインミーティングによりアジア圏の担当者と英語で業務の調整を行う。

辞書や翻訳サイトを利用し、英語で書かれた資料を社内向けに翻訳する。

TOEICスコア証明書の再発行の手順

では次に、TOEICスコアの証明書を再発行する際の手順を見ていきますね。

TOEICをIIBCのサイトからオンラインで申し込んだ場合と、コンビニから申し込んだ場合では手順は異なります。

【TOEIC公式認定書サンプル】

画像引用元:国際ビジネスコミュニケーション協会サイト

TOEICテストをオンラインで申し込んだ場合の認定証再発行手順

IIBCのサイトからTOEICテストを申し込んだ場合は、申込サイトにログインし、クレジットカードまたはコンビニで手数料を支払うことで再発行の手続きを進められます。

認定書は支払い処理後、営業日4日以内に発送されます。

TOEICテストをコンビニで申し込んだ場合の認定証再発行手順

TOEICをコンビニの端末から申し込んだ場合には、手続がやや面倒になります。

まずIIBCのサイトから「再発行依頼書」をダウンロードして記入します。再発行手数料を支払うには、郵便局へ行き、定額小為替または普通為替500円分を発行してもらう必要があります。

この「定額小為替」「普通為替」はコンビニなどでは発行してもらえません。さらに500円の為替を発行してもらうためには、定額小為替であれば100円、普通為替であれば430円の発行手数料もかかります。

再発行依頼書と500円分の為替を揃えたら、郵送でIIBCに送ります。

認定書が発送されるのは依頼書がIIBCに到着してから営業日4日以内となり、オンラインで申し込んだ時に比べ、時間がかかります。

TOEICテストをオンラインで申し込まなかった場合には、こういった処理にかかる時間も考慮して、余裕をもって認定証再発行の手続きを進めておきましょう。

TOEICスコア証明書(公式認定証)の手順はIIBCのこちらのページにも記載されています。

まとめ

TOEICスコアには有効期限はありませんが、スコアの公式証明書の再発行期限は2年間です。

もし証明書の再発行が必要になった場合には、ある程度時間的な余裕をもっておくことをおすすめします。

特にオンラインでTOEICテストを申し込まなかった場合には、郵便局へ行ったり、郵送の手間がかかるので、2週間は見ておくと安心ですね。

なお、2年以上古いTOEICスコアを書く場合には、最近でも英語力が保持できていることを伝える情報を入れられると良いでしょう。

TOEICスコアをはじめとした履歴書での英語力のアピール方法を知りたい人は、こちらの記事もどうぞ。

TOEIC未受験や点数が低くても履歴書で英語力をアピールする方法
履歴書に書けるTOEICのスコアは、一般的にTOEIC600点以上とされており、職種によっては、さらに高いスコアが求められます。今回は、TOEIC未受験の場合や点数が低い時にも使える履歴書での英語力の伝え方を紹介します。

コメント