TOEICと再就職・転職

TOEICと再就職・転職

転職で有利なTOEIC点数は700点以上。600点未満は書かない

転職で有利になるTOEICスコアは700点以上です。英語を実務で使う仕事に就くなら、TOEIC800点以上がおすすめ。600点に満たない場合には、書かないほうが良いでしょう。それぞれのスコアが持つ意味を詳しく解説していきますね。
TOEICと再就職・転職

未経験で英語の先生になるには【30代・40代の英語を使った仕事】

英語をある程度できるようになったら、英語の先生という仕事が選択肢のひとつになります。 私もやり直し英語で英語力を伸ばした後、TOEIC・英語講師になりました。 中学や高校で教えるのでなければ教員免許などなくても、結構気軽に英語を...
TOEICと再就職・転職

転職エージェントを使わないで転職成功!英語を使った仕事を探す方法

転職エージェントを使うと有利な点は色々ありますが、反面、就職を急かされたり、自分の希望よりもこれまでの経験をベースに仕事を斡旋されることも。 そこで今回は転職エージェントを使わないで出来る転職方法を紹介します。 本サイトのテーマ...
TOEICと再就職・転職

Linkedinの使い方:転職や英語を使う機会を増やせるSNS

LinkedIn(リンクトイン)はシリコンバレー発のビジネスに特化したSNS。 LinkedInを使って海外の会社に転職をする人もいます。 日本で英語を学習する際に不足しがちな英語を実地で使う機会も、LinkedInで作れますよ...
TOEICと再就職・転職

TOEICで転職や再就職を有利にしたい30代・40代のための戦略

ただTOEICを受けるだけで就活が成功するほど甘くはありません。年齢や条件的に不利な30代・40代以降の転職・再就職ではなおさらです。私自身再就職活動で辛酸をなめてきましたが、こういった経験も基に、就活を有利にするTOEICの使い方を色々とお伝えしてきました。
TOEICと再就職・転職

英検とTOEIC徹底比較:どちらか悩む社会人が後悔しない選び方

忙しい社会人が英検やTOEICを受ける目的は2つあります。この2つの目的を一気に果たそうとすると、どちらが良いか悩んでしまったりします。TOEIC960点と英検1級を取得した私自身の経験もふまえ、キャリアと英語力をつけるにはどちらが有利か、選び方のコツを教えますね。
TOEICと再就職・転職

TOEICと年収・転職・昇進の相関関係:TOEICで有利になるか

TOEICスコアと年収には、ある程度の相関関係があります。今回は色々なデータを使って、TOEICが年収アップにどのぐらい有利に働くか客観的に検証していきましょう。TOEICスコアだけに注力していると危険なトラップもお伝えしていきますね。
TOEICと再就職・転職

TOEIC900点は就活や仕事に有利?実力とメリット徹底解説

評価が分かれるTOEIC900点超えの実力、その実体をお伝えするとともに、取得することによって有利になる点、そしてどんな人が活かせる資格なのか、TOEICで実際に960点を獲得した私が解説していきます。
TOEICと再就職・転職

TOEICで転職・再就職が有利になる職種とスコアの目安

今回はTOEICスコアがあると転職や再就職活動が有利になる職種と求められるスコア目安を紹介します。TOEICスコアを就職活動に活かしていく際の注意点もお伝えしていきますね。TOEIC高得点を上手に使って就職活動を成功させましょう!
TOEICと再就職・転職

有効期限はない!TOEICスコア期限2年の真相と証明書再発行手順

TOEICスコアには有効期限があると言われたりしますが、実は期限などありません。今回はTOEICスコアの有効期限の真相と、実際にスコアの証明書を再発行してくれる手順について見ていきます。