TOEICと年収・転職・昇進の相関関係:TOEICで有利になるか

TOEICと再就職・転職
この記事を書いた人
加藤 じゅんこ

次女出産後に死を意識したことがきっかけで、独学で英語をやり直す。TOEIC960点・英検1級を取得して独立。英語講師と海外企業の日本窓口に。【NHK基礎英語2】にインタビュー記事掲載される。信念は「英語で働き方は変わる!」
詳しいプロフィールはこちらをクリック

Twitterで英語のこと、つぶやき中。お気軽にフォローしてください^^
くまた
くまた

TOEICって、高得点とったら、いっぱい稼げるの?

くま美
くま美

これ、くまた!お金のことを聞くなんて。

じゅんこ
じゅんこ

でも、気になるわよね。

TOEICは、年収アップにつながるわよ。

くま美
くま美

えっどれぐらい!?

くまた
くまた

お母さん・・・自分だって。

TOEICスコアと年収には、ある程度の相関関係があります。

ただ年収には様々な要因が影響するため、「何点取ったらいくら上がる」といった単純な結論を出すことはできません。

今回は色々なデータを使って、TOEICが年収アップにどのぐらい有利に働くか客観的に検証していきましょう。

TOEICスコアだけに注力していると危険なトラップもありますが、そのあたりもしっかりお伝えしていきますね。

TOEICスコアは年収に影響するか

まずは、TOEICは年収に影響するかどうかを確認していきますが、その前に、英語力そのものが年収と相関関係があるかどうかを示すデータを見てみましょう。

英語力と年収の相関関係

こちらは(株)キャリアインデックスによる英語力と年収に関する調査結果の表です。

参照元:CareerIndex年収・転職 実態調査 vol.7

年収700万円以上の人は、約半数が英語の読み書きができるレベルであることが分かります。

やはり、英語力は年収と関連があることが見て取れますね。

もちろん英語に限らず語学ができる人の年収は高い傾向があります。

TOEICスコアと年収の相関関係

次にTOEICと年収の関係を確認しましょう。

こちらは転職サイト doda (デューダ)による「TOEICスコア別平均年収」を示した表です。約10万人のホワイトカラーの正社員を対象に実施した調査結果(2013年)を基に作られています。

参照元:dodaグローバル / TOEICテストスコア別平均年収

この表から、2つの傾向が読み取れます。

1. TOEICスコアなし(未受験者)は年収が低い

2. TOEIC700点あたりから、スコアに応じて年収がアップしていく

ただ1.に関しては、そもそも資格試験を受ける意識の高さそのものが年収に影響している可能性があり、一概にTOEICを受けないから年収が低いとはいいきれません。

2.については、TOEIC700点以降は年収が増加していく傾向が一貫しており、ある程度高いTOEICスコアを取ると、年収アップに結び付くということが推察できます。

くまた
くまた

TOEICと年収、やっぱり関係あるんだね。

くま美
くま美

たしかに。

ただ実際にお給料がアップするときって、限られているわよね。

くまた
くまた

たとえば?

くま美
くま美

転職とか、昇進とかかしら。

TOEICスコアと年収に関係があるってことは、つまりTOEICは転職や昇進に有利っていうことね?

じゅんこ
じゅんこ

さすが、くまみさん。するどいわね。

そのあたりもデータで見てみましょう。

TOEICスコアは転職・昇進に影響するか

では次に、実際にお給料がアップする節目といえる転職・昇進において、TOEICが関連性があるのかをチェックしていきましょう。

ここからも客観的な判断をするためにデータを活用します。

まずはTOEICと転職活動の関係を、転職成功率と、足切りという2つの面から見ていきます。

TOEICスコアと転職成功率

こちらはTOEICスコアの有無と転職の成功率を示した表です。

青色がTOEICスコアなし、緑色がTOEICスコアありですが、緑色のスコアありのほうが転職成功率が高いことが見て取れます。

参照元:dodaグローバル / 英語は転職に有利!?グローバル採用の実体調査2014

なおグラフから、男性よりも女性の方が、TOEICスコアを持っている場合と持っていない場合での差が大きくなるということも見てとれます。

これは、英語を使う事務職などで女性の採用が多いことが影響しています。

TOEICスコアによる足切り

数字で見ることはむずかしいのですがTOEICスコアは足切りとして使う企業もあります。

こういった部分も、TOEICスコアがあるほうが転職が成功しやすい理由として挙げられるでしょう。

具体的には、次のような職種で、TOEICスコアが足切りとして使われることが多くあります。

  • 貿易事務
  • サポート事務
  • 営業
  • エンジニア

TOEICスコアによる足切り例は、「TOEICで有利になる職種」をまとめた記事に詳しく書いているので、気になったら合わせて読んでみてくださいね。

TOEICで転職・再就職が有利になる職種とスコアの目安
今回はTOEICスコアがあると転職や再就職活動が有利になる職種と求められるスコア目安を紹介します。TOEICスコアを就職活動に活かしていく際の注意点もお伝えしていきますね。TOEIC高得点を上手に使って就職活動を成功させましょう!

ちなみになぜ足切りにTOEICスコアが使われるかといえば、採用担当者が手間暇かけずに応募者の英語力を判断することができるからです。

こういったところから考えていくと、なぜTOEICが転職に有利に働くのかが理解できますね。

TOEICスコアと昇進

TOEICスコアは昇進の基準としても使用されています。

ビジネス系メディア プレジデントが上場企業366社に行ったアンケート結果によると、「TOEICスコアを昇進の条件としている」「今後はする予定」と答えた企業は、全体の4分の1という結果になりました。

参照元:President Online / 主流派TOEIC500~600! 厳しい昇格の条件

業種としては、海外と関わる比率の高い製造業が圧倒的に多くなっています。

実は私自身、TOEICのスコアを昇進の条件とする製造業の企業でTOEICを教えていたことがあります。忙しい業務の合間を縫ってTOEICテストを頑張るビジネスマンを目の当たりにしてきました。

もちろんTOEICスコアを上げたからと言って、生徒さんたちに仕事で使うだけの英語力がすぐ身に付くわけではありません^^;

ではなぜ企業では昇進の条件としてTOEICスコアを使用するかといえば、会社としては社員に「英語力」をつけてほしいわけですが、そのための独自の教育制度や基準を設けるのは大変だからです。

そのため、英語力を公平に手軽に判断できる基準として認知されているTOEICテストが採用されるのです。

こうすることで、英語教育も社内のリソースを割くことなく、外部講師に手軽に委託することができちゃうわけですね。

くまた
くまた

TOEICって、便利だね。

断然、高いスコアを取っておくべきだよね。

くま美
くま美

そうよね。

転職や昇進にも便利になるんですもの。

じゅんこ
じゅんこ

ええ。ただ、TOEICのスコアさえ高ければ良いって

思うのは、ちょっとキケンかもしれないわ。

くま美
くま美

どういうこと?

じゅんこ
じゅんこ

それは、バランスが大事ってこと。

TOEICスコアだけ高くても効果が薄い

ここまで見てきたとおり、TOEICスコアは高い年収と相関関係があります。

実際、転職や昇進の際にも有利である傾向がデータから見てとれました。

ただし、高いTOEICスコアが必ずしも有効であるとは限りません。

TOEICスコアが高いものの、実際に業務で使う英語力とバランスが取れていない場合には、高いTOEICスコアを活かしきれなくなります。

一般にTOEICテストはTOEIC L&R テストを指し、英語のリスニング力・リーディング力を見ます。

このため、話す・書くといったコミュニケーションの英語力がなくとも、高いスコアは取れてしまいます。

極端に言えば、ほとんど英語を話すことができなくとも、TOEIC900点を取ることはできてしまうわけです。

ただTOEIC800点、900点という高スコアを求める仕事の中には、実際にコミュニケーションを行うだけの英語力を求めるものも多くあります。

たとえば、英語力の条件だけ抽出すると、このような求人例が該当します。

【高いTOEICのスコアを求める求人例】

教材作成業務(社会人経験3年以上)

■TOEIC 800点以上

■業務内容を細かく伝達可能な英語力

企画・運営(社会人経験3年以上)

■TOEIC 800点以上

■英語での交渉力

秘書業務(未経験可)

■TOEIC 900点以上

■日々英語を使った業務(日本語:英語=5:5)になります

いずれも専門知識や経験は必須ではない求人であるため、その分英語力・コミュニケーション力が占める割合が高いと予想されます。

高いTOEICスコアがあれば書類審査は通過できるかもしれませんが、面接の段階で英語を話す機会があった場合には、切り抜けるのは困難です。

そこで高いスコアがあっても、良い転職先に付くことができない、という結果になります。

つまり英語を話す・書くという機会がある仕事に就く場合には、TOEICスコアに加えて、ある程度のアウトプット力も鍛えておいがほうが良いでしょう。

もし普段英語を話す機会がない場合には、オンライン英会話サービスなどを使うと、手軽にアウトプット力を伸ばすことができますよ。

ビジネス用の英語力を磨くのであれば、ビズメイツがオススメです。

私自身1年近く利用していましたが、異文化間のコミュニケーションで注意すべきポイントなども学ぶことができ、英会話力だけでなく、ビジネス力アップにも役立ちます。

まとめ

今回はTOEICスコアと年収、転職、昇進の関係についてお伝えしました。

■英語力と年収には相関関係がある

■TOEICスコアと年収にも相関関係がある

■TOEICスコアは昇進・転職にも有利

■但しTOEICスコアだけ高くアウトプットの英語力が弱いと、高いスコアを活かしきれない可能性があり、バランスが大事

TOEICスコアの利点は分かりやすく英語力を伝えられることです。

長期留学経験や、英語を使った実務経験がないときなどにも、英語力をアピールするために活用することができます。

今回お届けした記事も参考に、ぜひTOEICスコアをあなたの年収アップのために上手に使っていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました