形容詞の位置の3パターン:実はよくある名詞の後の形容詞

英語を読む
スポンサーリンク
スポンサーリンク
サイト運営者
junko

英語で人生を変えた二児の母。
次女出産後に「とにかく続けるっ!」と取り組んだ孤独なやり直し英語でついに英語力をつけ、TOEIC960点・英検1級取得。独立して英語講師と海外企業の日本窓口に。
詳しくはこちらをお読みください♪

Twitterつぶやき中。フォローよろしくお願いします^^
じゅんこ
じゅんこ

形容詞の位置って分かる?

くまた
くまた

え?

名詞の前でしょ。

くま美
くま美

Be動詞の後の時もあるわね。

じゅんこ
じゅんこ

実は名詞の後もあるの!形容詞の位置3はパターンね。

英語の形容詞が置かれる位置は3パターンあります。

英語の文章を読み解く際、また文法問題を解く時に、意外と大事なポイント。

特に名詞の後にくるパターンは盲点なので、注意してくださいね。

形容詞の位置3パターン

形容詞の場所は、用途によって決まります。

まずは基本のパターンからいきますね。

動詞の後に来る

動詞の後にくる場合、動詞はbe動詞であることが多いですね。

She is pretty.

「彼女は美しい

これは文型で言うと第2文型

主語(S)+動詞(V)+補語(C) ですが、このように補語として使われる場合には、形容詞がなくなれば文として成り立たなくなります。

文型についてはこちらの記事が参考になります。

名詞の前に来る

これは超基本ですが、名詞を修飾する際は基本的に形容詞は名詞の前に置かれます。

She has a pretty doll.

「彼女は美しい人形を持っています。」

形容詞といえば、この場所が最も多いですよね。

名詞の後に来る

ですが形容詞が名詞の後にくるイレギュラーな状況もあり、これが結構クセモノ!

3つのパターンを紹介しますね。

~one、~body、~thing のつく代名詞を修飾する時

one, body, thingで終わる次のような名詞の場合、形容詞が名詞の後に来ます。

someone, somebody, something

anyone, anybody, anything

everyone, everybody, everything

no one, nobody, nothing

たとえば someone special「特別な誰か」とか、something blue「何か青いもの」など。

ところで “something blue” ってご存知ですか?

ゼクシィなどの結婚情報誌を見ている方はご存知かも^^

ヨーロッパには「結婚式で『何か青いもの』を身に着けると幸せになる」という言い伝えがあるのですが、この「何か青いもの」のこと。

この風習は日本にも持ち込まれ、「サムシングブルー」という言葉も広まってきていますよね。

~ableで終わる形容詞の時

able で終わる次の形容詞は、名詞の前にも後にも置かれます。

例えば次のような形容詞です。

available, imaginable, vulnerable

このパターンは、all, anyや最上級で名詞がすでに形容詞されている場合によく見られます。

ファンタジー物の最高傑作「指輪物語」の中では、こんなふうに使われています。

“It was picked up by the most unlikely creature imaginable.

「それ(指輪)は、最も想像できない生物によって、見つけ出された。」

-The Lord of the Rings

creature imaginable「想像できない生き物」ですね。

他にも、seat available「空席」という意味ですが、これは既に決まったい言い回しのように使われています。

関係代名詞が省略される時

形容詞が名詞の後にくるときは、単に関係代名詞が省略されている場合もあります。

たとえば people present 「出席者」など。

これは、次のように関係代名詞が省略されて出来た表現です。

people who is present

→ people present

a baby asleep「眠っている赤ちゃん」などの表現も、このパターン。

まとめ

形容詞の場所には次の3つのパターンがあります。

1.Be動詞の後(第2文型の時)

2.名詞の前

3.名詞の後

単語の位置は、英語を理解する上で重要なポイント^^

なおこちらで形容詞と副詞の違いを解説していますが、地味ながらとても大事なのでぜひ押さえてくださいね。

コメント