品詞の見抜き方:点数アップの最重要ポイント3点

TOEIC・英語根本対策
この記事を書いた人
加藤 じゅんこ

次女出産後に死を意識したことがきっかけで、独学で英語をやり直す。TOEIC960点・英検1級を取得して独立。英語講師と海外企業の日本窓口に。【NHK基礎英語2】にインタビュー記事掲載される。信念は「英語で働き方は変わる!」
詳しいプロフィールはこちらをクリック

Twitterつぶやき中。フォローよろしくお願いします^^
くまた
くまた

英語の品詞って難しいなぁ。

どれがどれか、見抜けないよ。

じゅんこ
じゅんこ

実は大事なポイントが3つあるの。

ここが分かれば品詞を上手に見抜けるわ!

英語の品詞を見抜くには、「文型」「位置」「語尾」の3点が重要になります。

この3点は文の構造と意味を素早く理解する上でも非常に大事であるため、TOEICなどテストでも狙われます。

今回はテストサンプル問題も取り入れ、品詞の見抜き方の3つのポイントを解説していきますね。

ルールとパターンを上手に押さえて、テストの点数アップにつなげていきましょう!

品詞の見分け方

まずは見分け方が難しいとされる品詞とその役割を紹介します。

  • 名詞・代名詞:人や物、場所を表す。
  • 動詞:人や物の動きや状態を表す。
  • 形容詞:名詞を修飾する。またbe動詞の後などに置かれ補語となる。
  • 副詞:形容詞や文を修飾する。

他にも、前置詞・接続詞・助動詞・疑問詞・冠詞といった品詞はありますが、これらは「どの品詞だろう」と悩むことはないので省略します。

上記の品詞を見分けるには文型・位置・語尾のルールが大事になりますが、まずは文型から説明しますね。

品詞と文型

英文は文型という「骨組み」に沿って作られます。

この骨組みには5パターンあり、主語(S)・動詞(V)・目的語(O)・補語(C) の4つの構成要素を使って作られます。

文型は細かく覚えなくて良いので、大雑把に「S+V+OまたはC」といった感じで把握しておきましょう。

また第2文型は【主語=補語】、第5文型は【目的語=補語】というのもポイントです。

文型構造
第1文型主語+動詞
(S+V)
SはVする
She works.
「彼女は働く。」
第2文型主語+動詞+補語
(S+V+C)
SはCである

She is happy.
「彼女は幸せだ。」
*S=Cとなります。
動詞はBe動詞やbecome, lookなど、わりと限られています。
第3文型主語+動詞+目的語
(S+V+O)
SはOをVする
She buys a present.
「彼女はプレゼントを買う。」
第4文型主語+動詞+目的語+目的語
(S+V+O1+O2)
SはO1にO2をVする
She gives me a present.
「彼女は私にプレゼントを与える。」
第5文型主語+動詞+目的語+補語
(S+V+O+C)
SはOをCにする
SはOがCだとVする

She makes me happy.
「彼女は私を幸せにする。」
*O=Cとなります。

実はこの構成要素を形作れる品詞は、名詞・代名詞・動詞・形容詞の4つです。

各品詞がどの要素を成すか、次の表にまとめました。

文型の構成要素品詞
主語 (S)名詞・代名詞
動詞 (V)動詞
目的語 (O)名詞・代名詞
補語 (C)名詞・代名詞・形容詞

この文型と品詞の知識を組み合わせると、文の構造を見抜き、英文を速く理解するのに役立ちます。

そのためTOEICなどのテストでも「品詞問題」という形でよく出題されます。

例えば次のような問題です。

【空欄穴埋め問題】

It is ______ whether he will get back in time.

A) doubtful (形容詞)

B) doubt(名詞)

C) doubtfully(副詞)

D) doubts (動詞または名詞)

空欄に入る選択肢はA。

It is doubtful whether he will get back in time.

「彼が約束の時間に戻ってくるのかどうか疑わしい

解き方のポイントは次の3点です。

  1. 主語 (it)・be動詞 (is) とくるので、その後に補語が来ると予想される。
  2. 補語は名詞か形容詞のいずれか。
  3. 補語は意味的に主語とイコールの関係になる。

こういった知識を組み合わせると、意味的にも文法的にも正しい選択肢はAとなります。

文型をもっと知りたい場合は、5文型の記事も併せて読んでくださいね。

基本5文型は暗記不要:文型で大事なのは動詞だけ
英語は語順が非常に大事で、この語順を理解する際に5文型が役立ちます。ただ5文型は暗記したりする必要はいっさいありません。なぜなら文型を考えながら英語を作ることはまずなく、結局のところ動詞を選択すれば、文の形が自動的に決まってくるからです。実際に英語を話したり、読んだりする際に役立つポイントにしぼって文型を解説していきますね。

品詞と位置

品詞を見抜く2つ目のポイントは位置

どこに置かれているかで、どの品詞か推測できます。

名詞の位置

名詞は主語や目的語、補語になれるので、わりと色々な場所に置かれます。

名詞は他の品詞を見抜く際の指標となります。

動詞の位置

動詞は名詞の後に来ます。

さらにひとつの英文の中で、骨格を成す動詞はひとつだけ。

これシンプルなようで非常に大事な点。

テストにでます^^

短い文なら悩まずにすみますが、主語がものすごく長くなったりすると、どれが主語か分からなくなりますよね。

ここを突いてくるかのように、次のような問題がTOEICで出題されます。

【空欄穴埋め問題】

One of my best friends at school, Akiko _______ here at 5 p.m.

A) arrive

B) arriving

C) arrived

D) to arrive

空欄に入る選択肢はC。

One of my best friends at school, Akiko arrived here at 5 p.m.

「私の親友のひとり、あきこは5時にここに到着しました。」

Aを選んでしまう人がいますが、これは不正解。

主語が「親友のひとりであるあきこ」であるため、動詞には、現在形であれば三人称単数の “s” を最後につけなければいけません

選択肢Aには語尾に “s” が付いていないので、不正解です。

こういった主語が正しく理解できているかを三人称単数形トラップでしかける問題は、テストの定番パターンです。

引っかからないためには、常に主語と動詞の位置、どれが主語でどれが動詞かを意識するようにしましょう。

形容詞の位置

形容詞は名詞の前にも後にも来ますし、また動詞の後に来るので、実は最も位置を把握しにくい品詞と言えるでしょう。

いくつか形容詞の位置パターンを紹介しますね。

動詞の後に来て補語となる

これは文型で言うと、第2文型です。

動詞はbe動詞であることが多いですね。

She is pretty.

「彼女は美しい

名詞の前後に置かれた形容詞はなくなっても文としては成り立ちますが、このように補語として使われる場合には、形容詞がなくなれば文としておかしくなります。

名詞の前に来て名詞を修飾する

名詞を修飾する際は、基本的に形容詞は名詞の前に置かれます。

She has a pretty doll.

「彼女は美しい人形を持っています。」

名詞の後に来て名詞を修飾する

ですが形容詞が名詞の後にくるイレギュラーな状況もあり、これが結構クセモノ。

いくつかパターンを紹介しますね。

■~one、~body、~thing のつく代名詞を修飾する時

one, body, thingで終わる次のような名詞の場合、形容詞が名詞の後に来ます。

someone, somebody, something

anyone, anybody, anything

everyone, everybody, everything

no one, nobody, nothing

たとえば someone special「特別な誰か」とか、something blue「何か青いもの」など。

“something blue” ってご存知ですか?

ヨーロッパには「花嫁は結婚式で『何か青いもの』を身に着ける」という伝統があるのですが、このことです。

この風習は日本でも広められつつありますが響きの良さを優先して「何か青いもの」ではなく、「サムシングブルー」と表記されることが多いですね。

「サムシングブルー」という言葉から、この形容詞の位置ルール、覚えてしまいましょう!

■~ableで終わる形容詞の時

able で終わる次の形容詞は、名詞の前にも後にも置かれます。

例えば次のような形容詞です。

available, imaginable, vulnerable

seat available「空席」といった感じです。

文章になると、たとえば、こんなふうになります。

“It was picked up by the most unlikely creature imaginable.”

「それ(指輪)は、最も想像できない生物によって、見つけ出された。」

ファンタジー好きな人ならご存知、私も大好きな「指輪物語」からの一文です^^

名詞に最上級がついていたり、あるいはall/any といった名詞の後では、この形容詞の後付けパターンが多く見られますね。

■関係代名詞が省略される時

形容詞が名詞の後に置かれる場合は、関係代名詞の省略ケースもあります。

people present 「出席者」、a baby asleep「眠っている赤ちゃん」などの表現がありますが、次のように関係代名詞が省略されていると考えると、分かりやすいです。

people who is present

→ people present

他にも分詞構文パターンなどもありますが、また他の記事で解説します。

ここでは「形容詞って品詞はとにかく柔軟で、名詞の後にくることもある」と認識しておいてください。

副詞の位置

形容詞の後は、副詞の位置に移ります。

副詞は次の3つの位置に配置されるケースが多いです。

  • 動詞の前
  • 形容詞の前
  • 文頭、または文末

副詞には「文章全体や形容詞を修飾する」という役割があるので、こういった位置にあるのですね。

この副詞の位置知識は役立つので、ぜひ覚えてしまってください。

実は副詞は位置や役割から形容詞と混同されやすいのですが、副詞を形容詞と勘違いしてしまうと文を正しく理解できません。

こういった点からテストでも、副詞の位置を問うような問題が出題されます。

例えば次のような問題です。

【空欄穴埋め問題】

Effective communication ______ improves the productivity in the workplace.

A) significantly

B) significant

C) significance

D) signifies

正解はAです。

Effective communication significantly improves the productivity in the workplace.

「効果的なコミュニケ―ションは職場の生産性を良くする。」

空欄のすぐ後に動詞が来ている、という点に着目すると副詞を選ぶべきだと分かりますね。

選択肢の中で副詞は、Aだけ。

ちなみに副詞の語尾は “ly” となることが多いです。

くまた
くまた

品詞って、文型や位置で見抜けるんだね。

なんだか、クイズみたい。

じゅんこ
じゅんこ

そうそう。

コツがつかめれば正解しやすくなるから、楽しくなるわよ。

くまた
くまた

副詞は最後が “ly” みたいなルールって、もっとないの?

あれ、便利だね。

じゅんこ
じゅんこ

たしかに!

語尾がどれかで、ある程度品詞が分かっちゃうものね。

それじゃ最後に品詞の語尾ルールを紹介するわね。

品詞と語尾

最後に語尾を使った品詞の見抜き方を紹介します。

これが一番シンプルな見抜き方かもしれません。

品詞の語尾ルール

各英単語は、品詞によって語尾に特徴があります。

代表的なものをまとめました。

品詞語尾
名詞
-ance, -tion,-sion,-ness, -ment, -cy, -ty,-ry,-ee,-or, -er
動詞
-ate, -en,-ify, -ize, -ize
形容詞
-ive, -ous, -ble,-ful, -ed,-able
副詞
-ly

ざっと覚えておくと、英単語を暗記する際にも便利ですよ。

なお先ほども出てきたとおり副詞は語尾に “ly” が付くという分かりやすいルールながら、ひとつ、注意してもらいたい点があります。

実は形容詞も語尾に “ly” が付く場合があるのです!

語尾に “ly” が付くとき形容詞か副詞か、見分け方は次のとおりです。

語尾 ly のルール

副詞は語尾に “ly” がつく単語が多くりますが、すべて形容詞形が変化して副詞になったものです。

形容詞副詞意味
frequentfrequentlyしばしば
beautifulbeautifully美しく
miserablemiserablyみじめに

ただ元々名詞である単語は、語尾に “ly” がつくと、副詞ではなく形容詞になります。

あまり数は多くありませんが、次のような単語が該当します。

名詞形容詞意味
lovelovely美しい、かわいらしい
friendfriendly友好的な
costcostly高価な

この知識があると、こんな問題が解けますね。

【空欄穴埋め問題】

She took a ______ attitude to us.

A) friend

B) friendly

C) friendlily

“attitude” という名詞を修飾するので、形容詞を選びます。

形容詞は選択肢の中ではfriendlyだけなので、Bが正解。

She took a friendly attitude to us.

「彼女は私たちに友好的な態度を取った。」

くまた
くまた

形容詞と副詞って、とことんヤヤコシイね。

じゅんこ
じゅんこ

ルールがあると便利でしょ。

くまた
くまた

うん。

文型とか位置とか語尾で、品詞って見抜けるんだね。

ルールを知っているかどうかで、大分違うね。

じゅんこ
じゅんこ

そうそう。

大事だと感じた文法ルールは、どんどん身に着けていってね。

後で大きな差がつくわ。

まとめ

今回は品詞について説明しました。

品詞は文型・位置・語尾で見抜ける

【文型】

■文型の要素を作れる品詞は、名詞・代名詞・動詞・形容詞のみ。

【位置】

■動詞は主語の後。主語によって、現在形なら三人称単数がつく。

■形容詞は名詞の後に置かれることもあり、その場合にはパターンがある。

■副詞の位置は動詞の前、形容詞の前、文頭、文末が多い。

【語尾】

■品詞ごとに語尾にルールがある。

■語尾にlyが付く時、副詞だけでなく形容詞の場合もある。

品詞が分かればテストの文法問題に強くなるだけでなく、英語を速く読む力も伸びます。

ご紹介したポイントを使って、品詞を上手に見抜いていきましょう!

コメント