基本5文型は暗記不要:文型で大事なのは動詞だけ【肉じゃが英文法】

くまたと学ぶ英語とTOEIC
この記事を書いた人
加藤 じゅんこ

次女出産後に死を意識したことがきっかけで、独学で英語をやり直す。TOEIC960点・英検1級を取得して独立。英語講師と海外企業の日本窓口に。【NHK基礎英語2】にインタビュー記事掲載される。信念は「英語で働き方は変わる!」
詳しいプロフィールはこちらをクリック

Twitterつぶやき中。フォローよろしくお願いします^^
くまた
くまた

英語の5文型ってなんで大事なの?

じゅんこ
じゅんこ

英語の語順を知るのに便利なのよね。

ただ5文型って、覚えたりする必要はないの。

くまた
くまた

そうなの!?

英語は語順が非常に大事で、この語順を理解する際に5文型が役立ちます。

ただ5文型は暗記したりする必要はいっさいありません。

なぜなら文型を考えながら英語を作ることはまずなく、結局のところ動詞を選択すれば、文の形が自ずと決まってくるからです。

今回は文型について、実際に英語を話したり、読んだりする際に役立つポイントにしぼって解説していきますね。

英語では語順が大事な理由

文型は英語の語順を理解するために必要です。

ではなぜ語順が大事かといえば、英語では「適当な語順」が許されないからです。

日本語の場合は、語順が適当でもOKですよね。

たとえば「私はりんごを食べた」という文を「私食べたんだ、りんごを」と言っても、主語を抜かして「りんごを食べた」と言っても大丈夫。

ところが英語の場合には、こんなふうに柔軟に文を作ってはいけません。

「私はリンゴを食べた」なら”I ate an apple.” となり、これ以外の語順も、主語を抜かすのもタブーなのです。

というのも英語って異文化をつないできた言葉。

日本語のようにひとつの文化圏で作られた言葉とは違います。

バラバラの価値観や背景を持つ人たちが、主語を省略したり曖昧な意思疎通を行えばとんでもない誤解が生じかねません!

そのため英語における語順は日本語以上に厳しくしっかり守る必要があるのです。

語順で最も重要なのは動詞の位置

この大事な語順を考える上で最重要な点は、英語は主語のあとに動詞がくるという点です。

主語+動詞が必ず最初にあるのです。

ここが、私たち日本人にとって最大の難関でもあります。

というのも日本語では主語のあとは目的語がきて、動詞は最後になるためです。

【日本語】

【英語】

ただ日本語や英語のどちらかが特殊と言うわけではありません。

実は世界の言語はこの動詞の位置によって、大きくSOV型とSVO型のふたつに分かれます。

日本語はSOV型で、主語(S)+目的語(O)+動詞(V) の語順を使います。

一方英語はSVO型で、主語(S) +動詞(V) +目的語(O) の語順になります。

数だけでいえばSOV型の言語のほうが多いぐらいですが、経済的な強さでいうとSVO型の国が多めな印象ですね。

言語の型言語数言語例
SOV型565言語日本語・朝鮮語・インド、イラン語派
SVO型488言語英語・フランス語・中国語など

*参考サイト:当サイト管理人がWikipedia「語順」を元に作成

当然ながらSOV型の語順で慣れた私たちが、SVO型の言葉を使うって大変です。

英語を学習したての時は、つい一番最初に目的語が口をついて出てきたりしますよね。

”I ate an apple.” ではなく “I apple ate” みたいに。

慣れないうちはどうしても、日本語の語順で英語を使おうとしてしまうのです。

ですが、ここは英語力を上げる上で必ず超えなくてはいけないところ。

英語を使う時は、このSVOの順序を徹底的に意識するようにしてください。

英語を話すときにも聞く時にも、書く時も読む時も、とにかく主語のあとは動詞です!

くまた
くまた

主語のあとは動詞がくるのは分かったけど、その後はどんな順番にしたらいいの?

じゅんこ
じゅんこ

ここで5文型の出番ね!

5文型で英語の語順のルールが見えてくるわ。

動詞をメインにした5文型解説

英語では主語+動詞が大事ですが、その後の語順を知るのに5文型が役立ちます。

5文型は命令文以外、どんな英文にでも適用できる語順のルール。

ただ最初にお伝えしたとおり、5文型って覚える必要はありません。

なぜなら文型を考えながら文を作ることってなく、結局のところ、どの動詞を使うかで自動的にどの文型になるかが決まってしまうからです。

つまり覚えるべきは、動詞の使い方です。

この動詞の説明を中心に文型をざっと解説していきますね。

他動詞と自動詞

まず最初に意識してもらいたいのが、動詞には他動詞と自動詞があるということ。

「あ、そんな話、聞いたことがあった!」と聞き覚えのある方も多いと思います^^

自動詞

自動詞とは目的語なしで、自分一人でOKな動詞。

こんなふうに主語と動詞だけで文章が作れます。

I stand.「私は立ちます。」

動詞のあとに目的語をつけるには、前置詞が必要になります。

I looked at him. 「私は彼見ました」

他動詞

一方他動詞とは動詞の後に目的語をつけねばならない動詞です。

I will buy a new bag.「カバン買う」

こんなふうに前置詞なしで目的語がきて、その目的語の中に「を」や「に」といった助詞の意味が含まれているのが他動詞です。

動詞によっては、自動詞・他動詞両方で使えるものもありますし、自動詞として使うか、他動詞として使うかで意味が変わるものもあります。

文型は自動詞か他動詞かで決まる

動詞が自動詞か他動詞かで、文型は変わってきます。

動詞が自動詞の場合には、文型は第1または第2文型のどちらか。

一方動詞が他動詞の場合には、第3・第4・第5文型のいずれかになります。

なお第4・第5文型の場合には使われる動詞が大体決まっています。

5文型

それでは動詞の説明を中心に、5文型をざっと見ていきましょう。

第1文型

  • 主語(S)+ 自動詞(V)
  • 動詞例:be動詞・start・work・run・walk
  • 英文例:I work.「私は働く。」

主語と動詞だけで成り立つ文型ですね。

第2文型

  • 主語(S)+ 自動詞(V)+ 補語(C)
  • 動詞例:be動詞, look, become, remain, appear, seem, feel, taste, smell
  • 英文例:She is happy.「彼女は幸せです。」

第2文型の特徴はS=Cになること。

上記の例なら、彼女=幸せ となることです。

動詞のあとに形容詞が続く場合が多く、分かりやすいですね。

第3文型

  • 主語(S)+ 他動詞(V)+ 目的語(O)
  • 動詞例:want, need, give, buy, hold
  • 英文例:She buys a present. 「彼女はプレゼント買います。」

ここからは他動詞ゾーンで、動詞のあとに前置詞なしで目的語を置きます。

第3文型は一番よく使う文型かもしれません。

第3文型で使われる動詞はかなりたくさんあります。

第4文型

  • 主語(S)+ 動詞(V)+ 目的語(O)+ 目的語(O)
  • 動詞例:give, sell, teach, tell, show, offer, send
  • 英文例:She gives me a present. 「彼女は私プレゼントあげます。」

こんなふうに「人何かする」という意味の動詞が使われるときが、第4文型になります。

この意味から、第4文型でよく使う動詞は限られてきます。

第5文型

  • 主語(S)+動詞(V)+ 目的語(O)+ 補語(C)
  • 動詞例:call, make, find, keep, leave
  • 英文例:She makes me happy. 「彼女は私を幸せにします。」

第5文型の特徴はO=Cになること。

上記の例なら、私=幸せ になりますね。

第5文型も第4文型と同様、よく使う動詞は限られてきます。

くまた
くまた

文型のこと大体分かったよ!

そして、第1文型は短くって、第4、第5文型は一番長くなるんだね。

じゅんこ
じゅんこ

くまたくん、ちょっと待って!

それは誤解だわ。

文型と文の長さは全く関係がないの。

くまた
くまた

えっ

文型に入らない修飾語

5文型を見ていくと第1文型が短い印象を受けるかもしれませんが、それは誤解。

文型と文の長さは無関係です。

文型とは言ってみれば文の骨組み

これがなければ文が成り立たないという最低限の構成要素を指します。

ですが英文には骨組み以外の部分もたくさんあり、これを修飾語(modifier)と呼びます。

修飾語 は副詞的、または形容詞的に文を修飾する役割を果たします。

人の見た目が骨の形ではなく目や鼻などのパーツや、髪の毛や肌で決まるように、文章も文型という骨組みではなく、修飾語で伝える内容が決まってきます。

たとえば次の文を見てください。

I worked so hard to meet the deadline.

「私は締め切りに間に合わすために一生懸命働いた」

やや長めですが、この文は第1文型です。

文の骨組みを作るのは最初の主語+動詞 ” I worked” だけ。

その後の部分は修飾語です。

修飾語部分を切り取ると、伝えたいことは伝わらなくなりますが文章は成り立ちます。

ですが主語や動詞がないと、文章として成り立ちません。

このように文型とは、意味や長さとは関係なく、切り取ると文として成り立たなくなる構成要素を指すのです。

くまた
くまた

なるほど。分かったよ!

じゅんこ
じゅんこ

良かった・・・

くまた
くまた

ところで文型は動詞で決まるって言っていたけど、動詞の使い方ってどう覚えたらいいの?

どれが自動詞とか、他動詞とか・・・

じゅんこ
じゅんこ

それじゃ動詞の使い方に慣れるための方法を紹介するわね。

動詞の使い方の勉強法

5文型を覚える必要はないものの、動詞の使い方はある程度知識が必要です。

どの動詞が自動詞か他動詞か、どんな前置詞と使われ、どんな文を作るかを知るには、英単語の本を使うのが一番です。

英単語の本で動詞の使い方を知る

こちらは私が愛用しているキクタンシリーズのページです。

書き込みばかりでお恥ずかしいですが^^;

たとえばoccupy の訳は「(土地など)占有する」と訳が書かれています。

例文欄には ”occupy a town” とあります。

「を」という助詞が訳の中に入っていて、また前置詞なしに目的語を取れるので他動詞だと判別できますね。

ただ別に「これは他動詞」と覚える必要はなく、英単語を覚える際に例文も見るようにしておくと、動詞の使い方が身についてきます。

英単語暗記の際は、ぜひ意味だけではなく、単語の使い方も意識しましょう。

英作文の本で動詞の使い方を知る

動詞の使い方に慣れる方法として、英作文もなかなか有効です。

特に「第4、第5文型に出てくる動詞が使いにくい」と感じる場合にはおすすめ。

SVOO、SVOCの型はとっつきにくいもののパターンが強いので、慣れてしまえば操りやすい文型です。

私自身がお世話になったのは妻島先生の英作文の本ですが、文法に力が入った本で、使いやすいですよ。

★動画版★英作文の本や使い方をもっと知りたい場合には、解説した動画があるので参考にしてみてくださいね。
独学英語派のための英作文トレーニング本3選徹底比較

まとめ

今回は文型について紹介しました。

■英語では語順が大事で、正しい語順を知るのに文型が役立つ。

■語順で一番大事なのは、主語の後に動詞を置くこと。

■5文型は暗記不要。

動詞によって自ずと文型は決まるので、動詞の使い方を知るのが大事。

■なお文型とは文の骨格で、文の意味や長さとは無関係。

■動詞の使い方は英単語の本を使ったり、英作文を行うことで慣れていく。

日頃から英語を読んだり接する機会を増やしていくことでも、動詞の使い方が身についてきます。

動詞の使い方を身に着けて、英語力をどんどん上げていきましょう!

くまたと学ぶ英語とTOEIC大人のやり直し英文法:肉じゃが講座
【プレゼント】英語が速く読める
TOEICを時間内に解きおえて
目標スコアを最短距離で 獲得しましょう!


TOEICで高得点を取れるかは英語を速く読めるかどうか。
読解力を上げるには3つの力が必要です。
この3つの力を解説したレポートと、読解力を上げるフォローアップ動画をプレゼントします。

詳しく見る

【プレゼント】
英語が速く読める

TOEICを時間内に解きおえて
目標スコアを最短距離で 獲得しましょう!


詳しく見る

TOEICで高得点を取れるかは
英語を速く読めるかどうか。
読解力を上げるには3つの力が必要です。
この3つの力を解説したレポートと、読解力を上げるフォローアップ動画を プレゼントします。
\シェアはこちらから♪/

\Twitter発信中。フォローして下さいね♪/

\Twitter発信中。フォローして下さいね♪/

\Line@はじめました♪/
友だち追加
くまた英語~仕事を変える英語力を

コメント